-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

踊る人もあっただろう、見て楽しんだ人もあっただろう。

俺はゲロを吐きながら腹を空かしていた。

貧乏人は働くしかないのだ。

f:id:kemurikikakuku:20140817190128j:plain

石川の野郎は「働けど働けど我が暮らしうんたら」などとぬかし、

格好を付けながら夏目先生に繰り返し金の無心をした。

芥川兄さんは石川をどう見ていたのだろう?

先生は穴の空いた胃から落花生をポロポロ落とすばかり。

 

しかし野郎は俺に決定的に欠けているモノを持っている。

そして若い。

治ちゃんも似たモノを持っているかもしれない。

 

俺は書より、街より、捨てなければならない物を持ちすぎている。

 

 

フューチャーイズなう。

泣き言に中指を立てて旨い肉を食おう。