-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

入り乱れ野外プレイヤーズ

 

友達と浜寺公園の高架下にバーベキューをしに行った。

f:id:kemurikikakuku:20140830035450j:plain

子供の頃の自分には無い、夏の思い出。

 

友達の子供が来ていた。

自分は小さい子と仲良く出来る方なので一緒に遊ぶ。

料理も任せて遊ぶ。

談笑も忘れて遊ぶ。

飲み食いせずに遊ぶ。

虫を取り、かくれんぼ、走り回る。

 

犬を飼い始めた時に親戚の子供を思い出したけど、

子犬と子供は反応する所が似てると思う。

「可愛いもんだなぁ」としみじみ思った。

「この後どんどん面倒臭い事になってくんだろうなぁ」とも思った。

 

 

スピーカーで音楽を鳴らすと彼は

「コレはトッキュージャーの新しい曲」

と言って踊る。

ビートなのか構成なのか、どこかが類似していて

そこの部分が「トッキュージャー」の曲と同じと言ってるのだろう。

自分にも子供の時にあった感覚で、すごくわかるよ、それ。

 

自然と踊る彼にちょっとだけ泣きそうになった。

音楽を聞いて踊りだすDNAレベルの条件反射!

コレを政府は取り締まろうとしているのだ!

愚昧な政治とはこのことでしょう。

 

坂本慎太郎の新譜の歌詞に

「昔の人間はきっと 音楽のかかる場所でいきなり恋とかしていた 真剣に」

という強烈なパンチラインがあった。

 

欧米人なんかは今もそれが出来るんじゃないかなと思う。

日本でもダンスパーティーをダンパと呼んで開催してた頃は

そんな事もあったんじゃないかなと想像する。