-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

DJ Premier in da billboard

  

どうやらBillboard大阪にDJプレミアがやって来る!

f:id:kemurikikakuku:20150101222540j:plain

未見のプレミアファンはとりあえず行くしかないっすね~♪

 

 

DJプレミアは、

80年代後期よりGANG STARR(ギャングスター)のDJ、ビートメイカーとして活躍。

90年代に彼が発表した数々のトラックは世界はもとより、日本でも大人気に。

多くのクラシックビートを残し、何人ものラッパーを有名にして来た。

日本ではキングギドラのジブラも曲を提供されている。

 

 

 

思い返せば最初に出会ったプレミア作品がこちらの曲。


Group Home - Livin' Proof - YouTube

95年作。

初めに感じた地味さはもう思い出せない!

 

 

僕がプレミアの音楽をシッカリ聞いたのは2000年初頭。

nujabes(ヌジャベス)をはじめとしたメロディアスだったり

ジャジーなヒップホップばかり聞いていた自分にはよく分からなかった。

以来、DJプレミア作品には抵抗というか、

理解できないモヤモヤから積極的に聞く事ができない時期があった。

 

その頃はまだ、知る人ぞ知る存在だったnujabesを教えてくれた友人作の

mixテープに入っていたこともあり、「この曲には何かあるんだろう」と聞き続けていた。

すると、ある日この音楽が爆発するんですね〜。

 

 

「今までなんで気付かなかったんだ!?」と思うくらい、

突然、真理を理解したみたいに、聞こえ方が、見える景色が、まるで変わったのでした。

 

むき出しの、生々しいグルーヴがうごめいているのに気付いた時、

まんが道」の漫賀道雄のようにショックを受けまくる。

f:id:kemurikikakuku:20150102232211j:plain

『こんな凄い音楽があるのか!』と。

 

同じくプレミアのプロデュースで注目されたジェルー・ザ・ダマジャというラッパーの

「カム クリーン」という曲も同時に理解する事が出来た感慨深い瞬間だった。 


Jeru The Damaja - Come Clean - YouTube

 大きい音で踊りながら喋りながら聞く事がセットになってるような音楽だと思う。

 

 

プレミアのようにマニアが居る才人には、何を言っても

「本質的に理解できてない」みたいな事を言い出す輩が居るけど

理屈やウンチクみたいなものから一番遠い、音楽の楽しさに気付かされた。

その日から彼のトラックの虜で、彼の曲を聴き漁る日々が始まったのです。

 

 

とかとか、なんだかんだ書いたけど、とにかく行くしかない!って感じです。

会場にグッズが売ってたら買うしかない!っていうミーハー感も大事。

 

 

Hard to Earn

Hard to Earn

 

 

 

リヴィン・プルーフ

リヴィン・プルーフ

 

 

 

Sun Rises in the East

Sun Rises in the East