読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-kemurikikaku-

なるべく毎日、短く更新!ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

どうして旅に出なかったんだ

 

友部正人というミュージシャンがいる。

http://coconutsdisk.com/kichijoji/wp-content/uploads/2010/08/85dousitetabini.jpg

1972年の1st「大阪へやってきた」、73年2nd「にんじん」が有名だろうか。

現在も新しい作品を定期的にリリースしている言葉の人です。

 

 

youtubeが消えていたのでニコニコ動画から。

アカウントを作る必要がありますが無料で作れます。

 

 

 

サムネが博多華丸大吉の2人を足して2で割った感じ。

声はボブ・ディランか。

 

 

どうして旅に出なかったんだ、坊や

あんなに行きたがっていたじゃないか

どうして旅に出なかったんだ、坊や

うまく話せると思ったのかい

 

お前は旅に出るよって行って出なかった

俺は昨日旅から戻ってきた奴に会ったんだ

あいつはお前とおんなじだったよ

ただ違うのはあいつはまた昨日旅に出たけど

お前は行かなかったのさ

 

どうして旅に出なかったんだ、坊や

あんなに行きたがっていたじゃないか

どうして旅に出なかったんだ、坊や

行っても行かなくてもおんなじだと思ったのかい

 

もう5年も前、お前が行きたいと思っていた場所へ

昨日あいつは出かけて行ったよ

お前ときたら昼の日中から街の銭湯で

何度も何度も自分の身体ばかり洗っていたよ

 

あいつは俺に言ってたよ

さよなら またいつか会えるさって

俺はお前の顔を見るたびに

もうこいつには会えないんじゃないかと思うのさ

 

どうして旅に出なかったんだ、坊や

あんなに行きたがっていたじゃないか

どうして旅に出なかったんだ、坊や

行っても行かなくてもおんなじだと思ったのかい

 

 

お前がちっとも旅にでないもので

俺はもう飽き飽きしちゃったんだよ

お前があんなに言ってたことも

今、俺にはみんな嘘のように聞こえるんだ

 

お前がなんにも言わないものだから

この街もとうとう日が暮れちゃったよ

俺は明日、旅に出るよ

あいつとはきっとどこかで会える気がするよ

 

銭湯で見かけた「お前」が、さも大事そうに自分の身体をずっと洗い続けている。

かたや「あいつ」はお構いなしに、「お前」が5年前から行きたがってた場所に旅に出た。

 

 

いつの時代も旅に出ない人が圧倒的多数で、旅に行きたいと口にする人もそれに比例する。

旅という言葉がとてもシンプルで時代にも合ってる感じがするし、

さまざまな事柄に当てはまる「冒険」というキーワードを「旅」に置き換えた、

イデアもセンスもすばらしい名曲、とか2015年に改めて言うまでもないですが。

気合いを入れる為にたまに聞く曲です。

 

 

※敬称略

“1976”

“1976”

 

 

友部正人 (現代詩文庫)

友部正人 (現代詩文庫)

 

 

ぼくの田舎

ぼくの田舎