-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

おおむね同意

 

1973年よりビッグコミックオリジナルで長期連載中の「浮浪雲」でお馴染み、

ジョージ秋山先生からの、ありがたいお言葉を発見しました。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20150429155717j:plain

 

 

浮浪雲」の主人公・雲の妻、かめってまさにこんな人。

この女性はちょっとキレイだけど。

 

 

 

wikipediaに「かめのモデルは作者の妻であるという」とあり、

まさに理想の女性を登場させているのだろう。

 

 

 

 

当然皆さんが「浮浪雲」のヘビーな愛読者であることを前提に話を続けますが、

かめさんって説明が難しいけど、いい女の1つのカタチである事は間違いない。

 

遊び人の雲を黙って見守り、やさしくて明るくて、すごく落ち着いてる。

かと思うと、少女のようにキャッキャッと戯れてることもある。

 

かめさんから感じるいい女感っていわゆる「女は愛嬌」というやつ。

ザックリ分類すると「かわいい人」。

 

 

 

かめの特徴として「そんなに美人じゃない」という説明があるのだけど、

そこにもなにか男心にグッとくる秘密がありそう。