読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-kemurikikaku-

なるべく毎日、短く更新!ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

「ペーパームーン」を見た

 

昨夜はかなり早い段階で5月病になりましたが、まだイケるぜ!やで。

 

 

1973年製作ピーター・ボグダノヴィッチ監督のロードムービー

ダウンタウン松本人志さんが一番好きな映画としてあげる事も。

http://cinema.pia.co.jp/piaphoto/flyer/550/141670_1.jpg

「ある愛の詩」「バリー・リンドン」などのライアン・オニール主演。

もう一人の主演9歳の少女アディ役は実娘のテータム・オニール。

 

1935年の大恐慌期のアメリカ中西部。聖書を売り付けては人をだまし、小金を稼ぐ詐欺師のモーゼが、亡くなった恋人の娘アディと出会う。彼は嫌々ながら彼女を親戚の家まで送り届ける事になったが、アディは大人顔負けに頭の回転が速く、モーゼは相棒として旅を続けることになる。

 

「白黒の方が映画として表現力が増して見える」という理由からあえて白黒撮影されている。

物語は単純明快だし話のテンポがいいので見やすい。

ヒューマンドラマってほど仰々しくもなく、テレビドラマほど軽くない。

過不足の無いすごくいい見ごたえの映画でした。

 

 

ブログを書くにあたりネットを漁ってると

映画評論家の町山智浩さんが「ペーパームーンのその後」を語っておられて、

映画とは関係ないですが、凄まじい内容でしたので一部を書き出してみました。

 

 

この映画でアカデミー賞を受賞した娘役のテータム・オニール。

華やかな女優生活がスタートするかと思われたが、実父ライアン・オニール

どの賞もノミネートすらされずに怒り狂い、テータム・オニールに暴行を加えるようになる。

 

父の暴力に耐え切れず、既に別れていた母親の元に引き取られるも、

母親も変わった人物で当時15歳の愛人がいたという。

あろうことかテータム・オニールはその15歳の愛人に犯されそうになり、

また父親の元へ送り返される。

これはテータム・オニールが13歳の頃のことだとか。

その後も実父ライアン・オニールに寝てる間に親友を真横で犯されたりと散々な日々。

 

しかしテータム・オニールが結婚したのは父と同じく、暴力的な事で問題視されていた

気性が荒いことで有名なテニスプレイヤーのジョン・マッケンロー

3人の子供を授かるが、実際に家庭内暴力がひどく離婚。

当時テータム・オニールはヘロイン中毒になっていて、親権は暴力夫のものに。

なんだかもう、なんなんだろう。 

 

 

ちなみにテータム・オニールの弟も子役だそうですが漏れなく薬漬けに。

実父ライアン・オニールに射殺されそうになったり(親父がいちいち危ない)、

ドラッグ使用中に運転をしてフランシス・コッポラ監督の息子をひき殺したり(色々ヤバい)、

「やっぱ子役は」と言われる以上の目も当てられない状況に。

町山智浩さんも「テータム家は特にすごい事になってる」と嫌な太鼓判を押していた。

 

信じあえば・・愛しあえば・・助けあえば・・

紙のお月様だってほら!本物に見えるでしョ

 理想を胸に掲げて今日も人は生きる。

 

www.youtube.com

高校時代から友達がお勧めしてくれていたので、私的にはとにかく見れてよかった。

ほんに人生って不思議なものですね・・

 

ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

 

 

がんばれ!ベアーズ [DVD]

がんばれ!ベアーズ [DVD]