読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-kemurikikaku-

なるべく毎日、短く更新!ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

大阪城へ

 

 

7gatsu 19nichi 落語やらせていただきます。

 

【 スモークという男 】

〜落語独演会と座談会〜

日時 : 七月十九日
開演 : 昼席 十五時 / 夜席 十八時
定員 : 各回10名程度(予約優先)
木戸銭 : 五百円
於 : ヒネモス演芸場(特設)

 

さらなるイベント詳細はfacebookページご覧ください!

Facebook

 

 

 

 

6月某日、歩いていると大阪城のふもとにいた。

f:id:kemurikikakuku:20150621233616j:plain

「こんなところにあるのか」と呟いてしまうくらい大阪の街に溶け込んでいた。

 

時代を越えて受け継がれてるモノは良くも悪くもプライドがない。

自分がどう思われるかに対するこだわりがない、気がした。

潔さともちょっと違う、流浪者の雰囲気。

 

 

大阪城の門をくぐって侵入。

当時と変わってないんだろうなと思う部分も多い。

あらゆるところでたたっ斬られたり、さらし首にされたりしてたかと思うと怖い時代だ。

楽しみがないもんだから、城壁に登らされて落下して死んだ人もいるんじゃないか?

歴史の厚みが集中している場所のもつ卑劣さや傲慢さ。

すべてを見てきた城になったつもりで、タイムスリップするように空想する。

 

 

大阪城を足元から見上げると、時の武将にも感情移入できるポイントがいくつもある。

町人や武士の目線を持てる場所。

お城は形がハッキリ残ってる方がそのときを空想しやすい。

合ってるか間違ってるかはさておき、野蛮な時代に思いを飛ばす。

 

 

カキ氷はとても硬く作られており、と〜っても食べられるもんではなかった。

 

 

 

近くにできたキューズモール内のスーパーでミックスジュース。

f:id:kemurikikakuku:20150621233646j:plain

夏貸しの味。

 

 

1/350 DX城 大阪城

1/350 DX城 大阪城

 
大阪城ふしぎ発見ウォーク―こんちは出前授業です!

大阪城ふしぎ発見ウォーク―こんちは出前授業です!