-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

むしちゅうい

 

雨が続く蒸し暑い地元。

やっと蝉の声も聞いた。

 

ダラダラしてえなぁ〜の願いも虚しく、先のイベントだけを楽しみに仕事をこなす。

 

 

 

そんな私の夏の癒しは昆虫に出会うことです。

 

本日はカミキリムシに遭遇。

 

 ゴキブリにあらず。

f:id:kemurikikakuku:20150627064239j:plain

甲虫がでてくるといよいよ夏を感じます。

 

 

お店にはゴーヤのカーテンを毎夏植えるのですが、軽い森になったそこは

小動物たちのパラダイスのようで、閉店後、店の窓から森の中を観察する。

 

目を細めて注視すると沢山の生き物が活動してるのがわかる。

 

 

今年は招かれざる客として、アシナガバチの巣ができていた・・

f:id:kemurikikakuku:20150723231509j:plain

 

f:id:kemurikikakuku:20150723231559j:plain

すごく、大きいです・・とまではいきませんが。。

 

 

超〜個人的な感想としてはこんな間近で蜂の巣が観察できるのが嬉し過ぎるけど、

もし店内に侵入でもされたらパニック必至なので泣く泣く除去してもらう。

 

 

夏がきてますね~。

春夏秋冬、そのシーズンにしか見れないモノを見るのは悪いもんじゃないなぁと。

 

きらめく甲虫

きらめく甲虫

 
甲虫 (新装版山溪フィールドブックス)

甲虫 (新装版山溪フィールドブックス)