-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

表現の地平

 

ジャンプ黄金期と言われた頃の漫画話に。

感情を揺さぶった表現を思い出していた。

f:id:kemurikikakuku:20150726200126j:plain

盛り上がりを見せた「ドラゴンボール」のべジータ編、フリーザ編。

 

 

どちらも「これぞ!」という展開で、読んでて震え上がったのを覚えている。

ベジータどころか、ナッパ、サイバイマンが既に怖かったのに、

ベジータも恐怖で泣いたフリーザの狂気と迫力を今でも生々しく思い出す。

 

何が怖いのか。

 

こんな奴らが襲ってきたらひとたまりもないと、怖かった。

町の人たちの表情に感情移入すると恐ろしくて堪らなかった。

 

 

この恐怖は紛れもない快楽だったし、エンターテイメントな表現との接触だった。

 

どこから見ても作り話なのに感情を揺さぶってきた漫画の世界。

はたまた、子供の感受性の豊かさが良かったのか。

 

世代ごとの有名漫画がコミュニケーションの橋渡しとなることが多い日本が好きだ!