-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

フラットなインド

 

 

世界の果ての真逆は自分ですか。

そこに行ってました。

f:id:kemurikikakuku:20150913055203j:plain

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065117j:plain

 

 

 

久しぶりの夏日が帰ってきた。 

暑い日差しと急勾配な坂道にやられる。 

 

 

 

農道付近をフラフラ。

自然を見ながら歩くと不思議とウキウキ。

 

太陽光がたまらなく気持ちよし。

 

 

 

 

 

山に囲まれた農道では毎年農業をしている。

そこに疑問があっても無視して死んでいくのが仕事で、人生で、決まりなのかもしれない。

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065156j:plain

 

我々はやっぱりご飯を食べるのだった。

 

 

 

 

食べながら「ひたすら食ってる所をユーストリームとかで流してたい」みたいな話になって、その場のノリでニコ生配信。数年ぶりの配信だったけど、当時見てくれてた人も来てくれて感謝。近いうちに放送再開します。

 

 

愛フォンで配信すると非常に不安定らしく、タイムラグが酷かった模様。

 

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065838j:plain

 

 

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065230j:plain

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065259j:plain

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065324j:plain

 

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065348j:plain

 

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065415j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065440j:plain

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065502j:plain

テントウムシは一心不乱に腰にあたる部分を振っていた。

 

その真下で名前も知らない綺麗な花は、なぜか花弁を数枚ちぎられ、いま死のうとしていた。

 

 

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065937j:plain

 

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065754j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20150913065047j:plain