-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

Kid cudi

 

 

休憩から出てくると、バイト君が絡んでくる感じのお客さんを大儀がっていた。

 

 

店員が嫌がるお客というのは少なからず存在する。 

 

私の場合は年齢層に関係なく、面倒くさい感じの人ほど距離をつめる接客をするねん。

 

 

 

 

実際にその席に行くとガテン系ニッカポッカを履いたお兄さんが2人。

バイト君のいうほど面倒な感じもなく、喋るのが好きなんだなという感じの人達だった。

 

 

自分の同級生にも肉体労働者がいるからそうおもうのか、わりとこういうタイプの人の方が話しやすい場合もある。

 

 

お兄さん2人はとても喋りやすい。

というかスゲー喋りかけてくる。

 

バイト君は確かにこういうの苦手だろうなとおもってると

 

 

「おお、めっちゃ渋いの流れてるやん。ほらこの曲」

 

 

有線の選曲に引っかかるお兄さん。

瞬時に私も聞き耳を立てるが聞いたことの無い音楽。

 

「これなんて曲ですか?」

「え?自分知らんの!?」

 

連れのお兄さんも

「おれも知らんわ。誰の?」

 

「ええ!?自分らマジで?」

「おまえもホンマは知らんパターンちゃん」

「え・・うんw」

 

そんな人達でした。

 

 

 

 

早速アプリで調べてみるとKid cudi(キッド・カディ)という私と同い年のラッパーだった。

 

http://www.enmodeluxe.com/wordpress/wp-content/uploads/2012/03/kid-cudi-2012.jpg

 

売り出しの際、カニエ・ウエストがプッシュしていた人らしい。

超有名なんでしょうけど、まだまだ知らんアーティストが沢山いますな・・

 

 

お兄さんにお礼を言うて早速アマゾン即ポチの巻でございます。

 

 

 

 

youtubeではこの曲のピアノレッスン動画があったり、ゲームにも使われてたり。

 


Kid Cudi - Day n Night Lyrics ! (Original)

 

ほんに音楽はお金がいくらあってもたりまへん。

好きでやってる道楽なので、そこがまた良いとこでもあるんですが^q^

 

 

 

Man on the Moon: End of Day

Man on the Moon: End of Day

 
マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー(初回限定盤)

マイ・ビューティフル・ダーク・ツイステッド・ファンタジー(初回限定盤)