-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

深く考えないで吸い込む

 

 

 

ま~た今日も終わっていく。

 

 

「ラストオーダーなしです」の声。

 

「はーい」と返事して、文庫本を閉じて伸びをする。

 

煙草を吸いに事務所へ。

 

 

 

やっぱり何も考えていない。

 

人の考えに触れる期間だと言い張る。

 

 

 

 

2月29日の「ほぼ日刊イトイ新聞」で、糸井重里さんが「うるう年を待ちかねていた」という話を書いていた。

 

 

うるう年ばかりは、自分の誕生日である節分に、世の中の人が目を向けてくれてない。

 

元々向けてない。

 

 

 

 

そう思った時に素直に自分の気持ち悪さを認められた。

 

自己顕示欲の権化。

 

こんな奴は絶対ろくなもんじゃない。

 

 

 

 

 

もう随分こち亀を読んでない。

 

4年に1度登場する「日暮熟睡男(ひぐらしねるお)」という、素晴らしい設定のキャラクターが居る。

 

 

彼はうるう年が誕生日。

 

ちなみに両さんは3月3日のひな祭り。

 

今年は派手に登場したんではないだろうか。

 

 

 

また今日も古本屋さんで、目に付いたジャケットや、好きな話の入った巻から、恐る恐る単行本を集め始めるキッズ達が生まれる事を信じている。

 

 

 

 

 

日暮巡査をもう8年ほど見ていない気がする。

 

元気にしてるだろうか。

 

 

 

 

 

 

「ロボット三等兵」「旗本退屈男」「ニューナンブ」「フェラーリテスタロッサ」など、秋本治さんの漫画で知ったモノや、その名前は数知れない。

 

こち亀」には色々な事を教えて貰った。

 

 

 

 

この巻も名作やな~