-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

小ちゃいオッサンの長い1日

 

 

 

 

やっと浮かれ切れることに喜び、リミッターが外れたようにヘラヘラして過ごす。

 

ヘラヘラ、ヘラヘラ。

 

これでもか!これはどうだ!

 

24時間体制でヘラヘラ、ヘラヘラ。

 

 

心のそこからダラダラしてたら日記をまた忘れていた。

 

 

 

 

超リラックスモードでダラダラ長いです。

 

 

 

 

 

ポエトリースラムジャパン全国大会、結果は2位でした。

 

2位でも負けるのは悔しい!

 

強欲。

 

 

 

 

人力車夫のラッパー大袈裟太郎さんがTwitterで呟いていた、ご自身のお顔が現す通り、負けるのは悔しい!

 

 

江戸渋。

 

f:id:kemurikikakuku:20160308080052j:plain

 

 

真ん中の帽子をかぶった紳士が優勝者の大島健夫さん。

 

おめでとうございます!

 

 

 

紅いセーターの小っちゃいオッサンの隣の白シャツの方は、高校生ラップ選手権から這い上がったラッパーGOMESSさん。

 

ゲストライブを担当されていて、言葉と迫力が凄かった・・

 

最後にお話もできて良かった。

 

 

 

 

 

大袈裟太郎さんはブログで「決勝進出者とコントがしたい」と言ってた。

 

僕は、決勝進出者で東京・名古屋・大阪ライブツアーとか組んでくれないかなと思った。

 

 

 

 素直な文章を読んでますますこの方が好きになった(意味深)。

 

 

 

 

いろんな町でライブができて、各々が自分の町に、自分達の力でお金を生み出す事ができたら素敵だ。

 

結局、最後まで詩の事は何も分からずじまいだったけど、何か分かるかもしれない。

 

大きな舞台でやるのは、想像以上に不安があって、やり始めると楽しい。 

 

 

 

 

 

今回の大会でもいろんな人達と知り合えた。

 

これが嬉しい。

 

 

 

名古屋代表のモリ君と、打ち上げ場所に行くまでフリースタイルをしながら浅草の街を歩き、お互いのことなどを話し合った。

 

初対面の人でもやってくれる人はやってくれる。

 

嬉しい。

 

 

 

 

会場で終わった後に喋った方、打ち上げでご一緒した皆さん、本当に感じの良い人達、優しい人達ばかりだった。

 

単に、部外者を警戒していただけかも、などと被害妄想だってする。

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160308075231j:plain

 

 

→名古屋代表・モリ君、東京代表・馬野ミキさんと帰りの浅草駅で。

 

お金が無かった僕とモリ君の打ち上げ代は馬野さんが払ってくれた・・ありがとうございます・・

 

 

 

 

 

「乗客同士の揉め事」という初耳の理由で電車が止まっていた。

 

乗り込んだ電車の1つ前の電車で揉めてるらしい。

 

 

 

しばらく座って待っていても動かない。

 

「電車が動かなくなる揉め事ってなにかなぁ?」テレビの発音で馬野さんに聞かれて、「車掌をどついたんですかねぇ?」と答えた。

 

馬野さんが大きな声で笑ってくれた。

 

嬉しい。

 

 

 

かぶせて、馬野さんも冗談を言う。

 

なんて言ってたか忘れてしまったけど、楽しかった。

 

 

 

 

 

電車が全然、動かない。

 

ずっとキラキラした世界に没頭していたいけど、人見知りがキツイ自分には結構、気まずい。

 

モリ君も色々話題を振ってくれる。

 

焦って早口になったり、ウナギのようにすり抜けてうまく話が掴めないでいる。

 

 

 

 

痺れを切らした馬野さんが「タクシー乗ろう」と標準語のイントネーションで言う。

 

タクシー代も「詩集が売れたからね」と払ってくれた。

 

これが粋というやつなのかもしれない。 

 

 

 

馬野さんは別れ際に「おにぎりでも食べな」と優しい顔で500円をくれた。

 

「ええ人っておるもんやなぁ」と夜行バスでおにぎりを噛み締めながら、シンミリ思い出したりしていた。

 

 

 

 

 

目的の1つだった「大袈裟太郎さんと仲良くなる」も一応、叶ったと思う!

 

大会終了後すぐにどこかに行ってしまい、全然話せなかったけど、夜行バスの中で、SNSを通じてガッチリ握手できた気がする。

 

次に東京へ行くのはいつになるか・・大袈裟さんのライブが見たい。

 

 

 


【握手券なんかいらない】 大袈裟太郎  Official Video

 

 

 

 j-88の「From Detroit With Love?The Look Of Love Pt.1」を初めて聞いた時の爽やかな気持ちを思い出す、渋ジャジーヒップホップ。

 

お年寄りの登場回数が多いヒップホップビデオとして有名らしい。

 

 

 

 

 

 

http://www.suruga-ya.jp/database/pics/game/232007349.jpg

 

買いそびれたCD。

 

ジャケットはエリック・ドルフィーのサンプリング。渋い。

 

 

 

 

 

 

そうこういってるうちに、次回のライブが迫ってます。

 

 

 

 

阿倍野・アートギャラリー流流(るる)の9周年パーティー「演の庭 vol,4」!

 

3月26日(土曜)

15時半開場・16時開演です。

 

周年イベント最終日に出演します。

 

 

 

当日はいまのところトラックを流しながら朗読、そして条件が揃えばラップのような事もします。

 

ラップはオーナーさんと相談中・・ 

 

 

 

共演は

ダンスの市川まやさん

 

クラシックピアノ即興演奏のヤンヤンZさん

 

ギター即興演奏のルイ・リロイ・田中さん

 

お時間ある方は遊びに来てください^p^

 

 

 

Out to Lunch

Out to Lunch