読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-kemurikikaku-

なるべく毎日、短く更新!ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

東京紀行・5

 

 

 

ちっちゃいオッサンの夜はふけ、規則正しい10時チェックアウト。

 

 

 

ちっちゃいオッサンの朝は遅い。

 

10回以上鳴ったiphone目覚ましを無視して9時58分、「うわ〜」と実際に言いながら起床。

 

のび太君をサンプリングスタイルでガチャガチャ身支度。

 

 

 

かつて、「何時だろうと朝は眠い ギリギリまで寝てメシも食えずに」と、ブルーハーブBOSS the MCさんは唄った。

 

ちっちゃいオッサンはコメディタッチでやりたいと思った。(寝坊)

 

 

 

 

 

朝の浅草寺

 

f:id:kemurikikakuku:20160314143445j:plain

 

日曜日とは言え、凄い人。

 

奈良の東大寺とは明らかに異質の賑わい。

 

 

 

 

そして暖かい、暖かい!

 

 

 

暖かくなると人間が活動的になるのは、動物なんだなぁと実感する瞬間。

 

 

 

浅草演芸ホール行きたいなぁ。

 

f:id:kemurikikakuku:20160314211636j:plain

 

 

 

 

バラエティ笑。

 

f:id:kemurikikakuku:20160314211738j:plain

 

 

はりすなおさんみたいな絵もグッときまし。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160314211804j:plain

 

ペーソス!

 

 

 

 

朝から大行列だった洋食屋さん。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160314211913j:plain

 

コック帽をかぶった人が出てきて人員整理をしているのが、戦中戦後の漫画みたいで可笑しかった。

 

 

 

 

安さが売りのようだったお弁当屋さん。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160314212206j:plain

 

めちゃくちゃ迷ったけど、買わず。

 

どこで食べたら迷惑にならないかわからないし。

 

 

 

 

 

 

入り時間まで、まだ1時間はあったので、吾妻橋横の公園で一服。

 

 

やることも無いし、詩を読み返したりする。

 

全然ピンと来ない。

 

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160315193120p:plain

 

上には鳩達が餌になるものを待ち構えている。

 

腹が満たされたらここから糞も落ちてくるだろう。

 

1羽がずっとコチラにケツを向けていて、いつ噴射してくるかわからないスリルの中、立ったり座ったりして落ち着かない。

 

 

 

観光客の平和な掛け合いが聞こえている。

 

 

 

モヤモヤするので会場へ。

 

 

楽屋で各地の代表さん達と挨拶などしながら、本番までウロウロ落ち着きなく過ごす。

 

こういうときの居場所って本当見つけにくい。

 

 

 

はよ始まって、はよ終わらへんかなぁの臆病風に吹かれながら大会がスタート。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160315193242j:plain

 

大阪から息子と来てくれた友達を盗撮。

 

ホンマにありがとう。

 

 

 

 

大きな会場。

 

高い天井。

 

マイクは高性能で、かなり小声でも音が拾われているように感じた。

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160315193213j:plain

 

 

始まればあっという間に祭りは終わり、自分は2位。

 

全国で2位て!!嘘やろ。

  

 

 

 

 

 

打ち上げに参加して、もうだいぶ緊張感の無い脳は、大会前より、何も考えていない。

 

 

 

 

こっちこっち、と促されるままに上野駅から東京駅へ。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160315193339j:plain

 

総勢70名以上のレース。

 

ここまで勝ち上がって来た9人の猛者達とガッツリは喋れなかったのが心残りのまま、馬野さん、モリ君と別れる。

 

もう少し喋りたかったなぁを引きずり、大阪に着いた朝の落ち着きと脱力は忘れがたい。

 

 

 

 

 

大阪が地元なんだと、見慣れた梅田を歩き、かなりホッとする。

 

梅田からどの電車に乗って帰ったのかも思い出せないけど、2日間の東京の経験がいつ頃、顔を出すのかをノンビリ待っている。