読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-kemurikikaku-

なるべく毎日、短く更新!ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

惰性からの影響も有り

音楽

 

 

 

昨晩や今朝、家を飲んでyoutubeに逃げていると行き当たったMCバトルの動画がナイス。

 

 

www.youtube.com

 

俺に聞いて欲しいならCD渡せ そうじゃなきゃお前なんか掘らねぇ

俺は指先は汚さねぇ 自分の音源にしか興味がねぇ よく覚えとけ

 

呂布カルマさんのライブも見に行かないと。 

 

 

 

 

 

バトル中に流れているのはGANG STARR(ギャングスター)の「Speak Ya Clout」。

 

 

www.youtube.com

 

 

改めて「Hard to Earn」は名盤だと心底、感心した。

 

 

 

 

この曲は、1曲の中に3つのトラックが仕掛けられていて、バトルに使われてるのは最初のJeru The Damaja(ジェルー・ザ・ダマジャ)のバースのモノ。

 

続く、Group HomeのLil Dap(リルダップ)、最後はGuru(グールー、グル)が締める。

 

終始プリモのビートで踊る時代の寵児達。

 

 

 

最近作った曲が、1曲の中で4つ分のトラックをブレイクビーツを繋げたDJのように変化させていく内容で、その辺のタイムリーさに跳ねる。

 

 

 

 

海外の90年代ヒップホップと日本人の関係がずっと気になっている。

 

発売当時のリアクションが反映された記事の書き起こしや画像を探している。是非読んでみたい。

 

 

 

 

 

ようやく山本びんたさんに渡す詩が完成を間近にまで到達。

 

びんたさんともさらに、限界まで高めていこうという話に。

 

東京行きのバスから始まり、浅草や新宿、高円寺で少しづつ書いた詩が大阪で半分以下の分量に洗練され、最終研磨されている。。

 

びんたさんにも直接会いに行こう。

 

 

 

 

The Cool Core

The Cool Core

 
BACKBONE (Original) [feat. NAIKA MC, MC CARDZ, 呂布カルマ & RITTO]

BACKBONE (Original) [feat. NAIKA MC, MC CARDZ, 呂布カルマ & RITTO]

 

 

Hard to Earn

Hard to Earn