-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

hito dan raku

 

 

 

我輩はひと段落である。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160509204100j:plain

 

深夜、朝方のたこ焼きはうまい。

 

 

 

 

ヒゲボーボーで朝となく夜となく、家で音源作りの日々。

 

予定していたライブにもほぼ行けず、低所得をやり繰りした、短いスタジオワークと集中力で1曲作成。

 

 

 

最初はライブハウスなどに渡すデモ音源を作っていたのですが、突如「もっと身の程知らずになろう」キャンペーンが始まり、オーディション的なものに応募してみる音源へ話が変わっていった。(一人会議)

 

こういうの応募したことなかったけど、誰でも参加できるものが探すと沢山あってちょっとだけおもろい。

 

 

 

たまたまのタイミングで教えて貰った、サマーソニック出演枠を無名の新人が奪い合うコンテストに応募。

 

いま一番無謀そうな所がキャンペーンにもピッタリ。

 

締め切りや、やりがいがこんなに自分を突き動かすものかと、ワクワクしている。

 

自分の気持ちに何故か照れる。

 

 

 

 

本日正午までの締め切りになんとか間に合わせ、少しヒトイキ、ひと段落。。

 

この調子で音源を完成させていくど。

 

 

 

 

 

狂ったように忙しかった日々を抜けると、店の製氷機が不調をきたしている。

 

お冷の氷の出が悪い。

 

f:id:kemurikikakuku:20160509204002j:plain

 

業者さんに来て貰うと、手のひらよりも大きな氷塊が出てきた。

 

 

 

 

「コイツが悪さしてたのかもしれませんねぇ」という言い方を久しぶりに聞いて、妙に癒された。

 

邪魔をしていた氷への愛を感じる専門業者の言葉だった。