-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

3月21日

 

 

 

世界中のミュージシャンに使われている楽器メーカー、FENDER(フェンダー)の創業者レオ・フェンダーさんの命日らしい。

 

ネット上に様々な画像が献花のように飾られ、ポジティブに賑わっていた。

 
 

f:id:kemurikikakuku:20170321231222j:plain

 

 

フェンダーストラトキャスター

 

中二の春、呪文のように唱えていた。

 

こういうのもある。

 

ギブソンレスポール

 

「の」に強いこだわりを持っていた。

 

 

 

 

FF4の戦闘シーンよろしく、ひたすら詠唱していた。

 

燃える恋心のように全てが気になった。

 

異常な魅力をギラッギラ放つその楽器は、黒や赤茶けた色で鈍く輝く。

 

ズシリとくる重みすらマゾヒストのようにありがたがった。

 

少年の心を鷲掴み、今にも潰してしまいそう。

 

 

 

中学生は胴体を捧げる相手の決断を迫られたが、何故かすんなりフェンダーを愛する。

 

ジャガーを買う事にした。

 

ガットギター、アコースティック、貰い物のエレキギターを経た後の20歳ごろ、8万円握って躊躇なくズンズン向かった店は改装工事中。

 

別の店に行くがジャガーだけが無かった。

 

目的が「エレキギターを持って帰る」になってしまった結果、よく似た形の第2候補ジャズマスターを買った。

 

 

 

 

どこにでもある、なんてない話ですが、ギターを買った人には何かしら思い出が刻まれてると思う。