-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

赤い朝

 

 

 

早朝の空が赤かった。

 

何事かと窓に手をかけたが、「いや、見たことがあるぞ」と思う。

 

ベランダに出ると赤い。やっぱり見たこともある。

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20170712043936j:plain

 

f:id:kemurikikakuku:20170712043919j:plain

 

町も赤くなっていて妙に嬉しかった。

 

 

 

夏の夕方や、90年代の単館系映画でも、この色のシーンをよく見た気がする。

実際にこんな空を待って撮影したのかもと思うと、そうなんやぁって思うくらい。

静まり返っている中での赤い空は新鮮。

 

 

 

デカいカエルが猫に虐められていた。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20170712044233j:plain

 

 

f:id:kemurikikakuku:20170712044257j:plain

 

 

猫を追い払ってやろうとすると、カエルは逆に猫の方へジャンプを繰り返す。

しかし猫も、カエルがジャンプして来た所でちょっと後ずさるだけ。

いつか殺されるだろうと思い、通り掛かりの大きなお世話で猫を追い払う。

非常に好戦的な気の強いカエルだった。

カエルは追い払われた猫の方にまだジャンプを続ける。

どんな気持ちなんだろう。

デカいカエルの存在感は良いな。

 

 

 

赤ぇ。

 

f:id:kemurikikakuku:20170712044146j:plain