-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

世迷言と個人の考えらしきの狭間に

 

 

面倒くさいメンタリティーで猛威を振るうミュージシャンを眺めつつ、肩がダルい朝。元気に優しく行きたいのぉ。

実際に会って事情を知ってしまうと「そっか・・」となってしまうんだ。きっと。

 

 

ブログを昔採用していた気楽なhtmlタグ打ちに戻したい所存。

何年かかるかわからんけどその内やろ。

 

 

 

 

決まっていた9月のライブも終わって一息。

録音と作詩、余裕を持った作曲を繰り返して行こか。

 

 

 

 

9月3日は阿倍野・流流(るる)で即興演奏家さん2組とライブ。

2組共、時間感覚がおかしくなったかと思うようなあっという間の40分だった。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20170913184231j:plain

 

ルイ・リロイさん、ジェリーゴードンさん、風間晴賀さんのトリオ。

不思議な音が部屋を飛び交う。

サックスはこんな音が出るのかと思ったり、ハングドラムと思っていた楽器は「ガンクドラム」という小型化した物だったり、知る事も多し。

 

バイオリンの即興演奏宮嶋哉行さんの演奏中、あまりの素晴らしさに録音。

終わりでお話しさせて頂き、録音物を音源に使用する事を快諾して下さった。

ジェリー・ゴードン氏はじめ、来賓してくださった諸外国のお客さんに「Word、rhythm、rhymeが素晴らしかった」と褒めてもらい、泣けてくる。

風間さんから共演しようと言われ、約束した。ありがたい。

 

 

 

 

翌週、火曜。

懸念していたお客さんの数は、蓋を開けると沢山の優しい人たちが見にきてくださったのだった。

 

f:id:kemurikikakuku:20170913184325j:plain

 

 

ウェザースプーン、赤犬のドラマー谷本さんとのセッションも好評で泣く。

様々な苛立ちと折り合いをつけ、どつき合い、ここに生まれた音楽がありがたく、愛おしい。

「だがまだいける。少なくともまだある」の精神をboss the MC氏の声に溶かして実験は続く。

そして「先は長い、深い 言葉にならないくらい」でありましょう。

 

 

 

 

twitterをなるべく見ないようにしたいと、いつからか常に思い、実行し、一度見ると最終更新分までザーッと見てしまう。

twitterには「自分は大丈夫か?」といろんな角度から思わされることが沢山書いてある。

体のどこかに悪い。

 

 

頑張りすぎちゃう人は「まだ大丈夫」と言う、思う傾向があるらしい。

そして「まだ大丈夫」が口から頻発され始めると、その人の危険信号が黄色か、最悪赤色に灯っていると聞いたことがあるし、twitterにもこの説はたまに流れている。

 

 

自分は「なるべく頑張らない」主義なので、今の所この説とは無縁で生きてきたのだけど、twitterを覗いている時、「自分は大丈夫か?」と思う時、それが何かの危険信号だったとしたら嫌だなと思うんやな。

 

誰かの何かは自分に関係ない筈なのに、自意識過剰なのか、そう思っている時があるんやな。

 

 

 

未来は俺等の手の中

未来は俺等の手の中