-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

All of youths

 

 

 

いつか見ようと思っていた94年放送のドラマ「若者のすべて」を一気見した。

若かりし日の萩原聖人木村拓哉の活躍が眩しい。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171001031524j:plain

 

 

ミスチルが大ブレイク(死語っすか?)していた頃、破竹の勢いでリリースされた「tomorrow never knows」が主題歌として起用されている。

CDが出る前だったか出た後だったか覚えてないけど、曲が聴きたくて初めてドラマを見たのがこの作品だった気がする。

 

 

22歳の原島哲生(萩原聖人)は亡き両親が残した自動車修理工場を営んでいた。妹の妙子(山口紗弥加)は両親を亡くしたショックで心を閉ざしており、工場の経営は上手く行っていない。圭介(武田真治)は町医者の父を継ぐため、4浪中。亮子(深津絵里)は女優をめざし、薫(鈴木杏樹)は街を出て商社に勤めている。ある事件がもとで植物人間になってしまった守(EBI)、その原因に関与していた事で皆の前から姿を消した武志(木村拓哉)。工場のある薄暗い街で22歳の夢と傷みが交錯する。

 

 

 

改めて見てると、小学校でクラスの連中が大騒ぎしていたのが不思議なドラマだった。

登場人物は明るく生きようとしているのだけど、その明るさが濃い暗闇を作り出すことが度々ある内容。

1話ごとに明らかになっていくキャラクターの輪郭がとても魅力的で、画面に食い入るような楽しみがあった。

 

 

 

武田真治もいい役だったなぁ。

 

f:id:kemurikikakuku:20171001031555j:plain

 

 

 

ネットでこのドラマについて調べると、萩原聖人とキムタクの不仲話が真っ先に出て来るのだけど、どうもドラマを見てると萩原聖人は役作りの為に、何かしらの仕掛けをしてたんではないかと思えて来る。

真実は分からないけど、仲が悪いのに仕事とはいえ、2人ともあの演技ができるなんて大人だ。個人的に萩原聖人とキムタクが一緒に出てるシーンはどれも好きだ。

 

 

萩原聖人演じる哲生の何が起きても「根性!」で乗り切る笑顔は視聴者を元気にしたに違いない。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171001031443j:plain

 

糸井さんの言う「やさしく、つよく、おもしろく」はドラマの中でよく見たなぁ。

 

 

 

若者のすべて DVD-BOX

若者のすべて DVD-BOX

 
若者のすべて HDマスター [DVD]

若者のすべて HDマスター [DVD]