-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

一度でいいから見てみたい

 

 

なんとなく神社に行きたくなって近所までチャリをこいだ。

 

 

 

「茅の輪くぐり」という無病息災を祈願する催しが行われていたのでくぐりまくる。

 

f:id:kemurikikakuku:20180705213502j:plain

 

しきたりにはやり方があって、まず左から左へ一周。

次に右から右へ一周。

最後にもう1度左から一周してそのまま拝殿するといいらしい。

無病息災になれました。ありがとうございます。

 

 

久しぶりにくると神社はやっぱりいいなぁという心。

 

 

 

 

 

落語家の桂歌丸さんの訃報がネットニュースに流れてきた。

 

笑点で楽太郎さんのブラックないじりと対決する姿が思い浮かぶ。

化石集めが趣味だったという歌丸さん。

いじってくれと言わんばかりの趣味だ。

 

伊集院光さんがたまに話す落語家時代のエピソードに歌丸さんの話が出てくる。

大御所が勢揃いする笑点の楽屋では若手が常にピリピリしたムードになっているという。

そんな中、歌丸さんが煙草を取り出そうものなら瞬時にそこにいる若手が一斉にライターを点けて差し出す。

 

「俺を燃やす気かい?」

 

一気に楽屋の空気が爆笑の中で和らいだという。

 

 

 

twitterにも書いたんだけど、桂歌丸さんといえば思い出す話がある。

これも伊集院光さんのラジオで聞いた話で、伊集院さんが三遊亭楽太郎さんの元に弟子入りして間もない頃、初対面の挨拶をした際に言われたという

 

辞めるんなら今辞めな。やるんなら生涯やんな

 

という言葉。

 

後のラジオ対談でもそのことに触れていたけど、新しい人には会うと言うようにしていたという。

とてもシンプルでいて、背筋の伸びる言葉だ。

 

ここでもまた「続ける」ことについて考えさせてもらった。

 

合掌

 

 

 

歌丸ばなし

歌丸ばなし

 
芸は人なり、人生は笑いあり 歌丸ばなし2

芸は人なり、人生は笑いあり 歌丸ばなし2