-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

クライストにお願い

 

毎日帰りに挨拶を交わす猫。今日もニャーニャー言ってる。なんて言うてるか分かったらええのになあ。

 

f:id:kemurikikakuku:20181123064020j:plain

 

触ろうとしても確実に逃げるけど、最近少しだけ心を許し始めているような気がする。油断してるところを持ち上げて思いっきりこそばしたりしたい。

 

 

こないだ友達の家から先輩に車で送って貰ってる時に「最古の思い出」の話になった。こんな事あんな事あったなーの中で、クリスマスになるとおもちゃのチラシがこの時期家に来てた話に。「今もチラシは投函されてんのかなー」とか話てたら来よったよん。

 

f:id:kemurikikakuku:20181123065105j:plain

 

「サンタオフィシャルトイブック」なんて名前でブックレット化しているようだ。手触りは当時と同じカサカサのビニール袋みたいな薄っぺら。これは見やすいしええやん。遊び方のわからないおもちゃがあったり興味深いっす。

ページを繰りながら良い感じのおもちゃ達を眺めてて思い出したのは、当時チラシに載ってるオモチャにあまりウキウキした事がなかったこと。自分が欲しいガンプラなんかはそんなに載ってなかった記憶がある。少し載っていても、毎年「それやないねん」の連続だったので結局ほとんど見ることはなかった。そこから数年経つとゲームソフトが欲しくなって、さらに「これやないねん」が増していく。結局このチラシに載ってたおもちゃを欲しがったことは無かったかもしれない。昨今はしっかり任天堂スイッチ等が掲載されている。大人になるとラジコンとか格好ええし、長く遊べそうやのに子供の時はそんなグッとこなかった。仮面ライダーの変身ベルトとかなんであんな欲しがったんやろか。お年玉の使い道でも、よ〜母親から「こっちにしとき」とか「すぐ飽きるで」とか言われたけど、ハッキリとした意思を持ち、頑として自分の思う方を買って、思いっきり飽きてたなー。アホやなあ。

 

 


Jerry Paper - My God

 

 

Like A Baby

Like A Baby