-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

モーション×トーク

 

台風はふつうに去っていった。週末は穏やかになりそうだ。

f:id:kemurikikakuku:20190816093013j:plain

絡みたいなら来ればいい。

 

世の中いろんな動きがあるんですね。偉い。

f:id:kemurikikakuku:20190815073529j:plain

「時はきた。それだけだ」そういうことってよくある。行動あるのみだ。

 

www.nikkansports.com

 

改革を信じて行動を起こした人はその程度によって「伝説の」という冠が名前の前に付いたりする。今月8日、伝説のAV監督と呼ばれた村西とおるさんの自伝的ドラマがNetflixで公開され各所で話題だ。Netflixではこれまでも沢山の話題作が世界中から登場しては気になって、しかしスルーしてを繰り返してきたが「全裸監督」はとうとうスルーできないかもしれない。

「ナイスですね」「イク時に笛を吹かす」「空からスケベが降ってくる」のコピーと共に早過ぎた衛星放送とエロなど、革新的なアイデアや個性の強いキャラクターを子供の頃から自分はラジオで芸人さんが話しているのを聞いてきた。フィーチャーされるAV女優はナイナイのオールナイトニッポンではある意味お馴染みだった「脇毛女優」黒木香さんの話が盛り込まれている。村西監督との間にはただならぬ話があるらしく、「黒木香さんの承諾を取っているのか?」と一部ネットでは疑問と遺憾を投げかける投稿も見られた。80年代が舞台なので伝え聞く話でしかなかったのだが、90年代以降も「凄かった」と伝わる伝説を見ておきたいじゃないですか。監督や出演者らのインタビューを読んでも「世界中で楽しめる作品を作るために」とんでもない熱量を注いだ作品のようだ。主演の山田孝之さんは海外に行って、かつて黒澤映画の影響でメキシコなどでは日本人が「ミフネ!」と呼ばれたように、「ムラニシ!」と呼ばれたいと言っていた。既にシーズン2の公開もメイキング映像と共に発表され、面白さは折り紙つきのようです。

Netflixは31日間の無料トライアルがあった気がするのでこれを機に手を出してしまうのか。「ストレンジャーシングス」だとか最新の気になるタイトルはいくらもある。それを差し引いても「全裸監督」は素直に気になる。色々見まくっちゃいそうだ。

 

youtu.be

今は80年代を清算してるんやなという感じ。あと10年経ったら自分がリアルタイムで没頭してたなんらかがこうやってエンターテイメント作品になってるんかと思うと、順番とはいえ時代のサイクルの中に在ることを身に染みて感じますわ。感慨深々。今日も最高の1日になるで!

 

全裸監督 村西とおる伝

全裸監督 村西とおる伝