-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

隠しサインに気付けたら

 

つーことで「ライオン・キング」を見てきた。

f:id:kemurikikakuku:20190820081447j:plain

 

「実写よりもリアル」みたいな、わけの分からん宣伝文句でちょっと不安だったのだけど、始まった瞬間から実写よりリアルでした。さすがに画面が固定されるとCGなんだろうと分かるのだけど、視点が動いてる間は、サバンナで言葉を喋る動物をカメラが撮影しているようなとんでもない映像でした。

 

子供ライオンのシンバやナラの可愛いこと。悪者のライオン、スカーの悪いこと悪いこと。アイツはホンマ最低のライオンですわ。ディズニーって日本の声優さんを当てる時、英語の声優さんとかなり近い声の人を選んでるようで、今回は字幕、アニメは吹き替えで見たのですが双方に遜色がなく、字幕の声にもすんなり入っていけました。こういう所の気遣いがほんにすごい会社ですね。ディズニーランド行きたいわー。「アラジン」でファンキーな魔人ジーニーが受けたから生まれたキャラだと思うのだけど、プンバァとティモンのノリの良い2人組が歌う「ハクナ・マタタ(クヨクヨすんな、過去は気にするな!的な意味らしい)」が最高。もうどうしようもないことでかなりブルーになっていた主人公シンバに対して「世界に背を向けられたらお前も世界に背を向けろ!開き直れ!」というちょっと強烈なメッセージがやはり印象的。一時的に忘れてしまうのも大事なんですよ。そうそうそうって感じ。

内容はアニメで公開された当時、前年の「アラジン」のヒットがなくて、いきなり「ライオンキング」が公開されてたら売り上げは結構変わってたんとちゃうかなーっていうのが正直なところ。おもろいし良い映画やとおもいますが。ミスチルの桜井さんが「新しいアルバムは前回のアルバムの評価だと思ってる」と言っててえらく感心したことがあるのですが、オススメはできるけど、アラジン見てない人には先にアラジンを勧めるかなという感じです。アラジンもまだやってるみたいやし。

あと「アラジン」同様、アニメで先に予習しておいてよかった。微妙に変わってる部分に気づけるのは結構嬉しいもんです。アマゾンプライム入ってる人は先にアニメを見てから行くのもお勧めです。細かい所やったけど、今回もやっぱり女性性がアニメよりちょっと強いんですよ。今回は強いというか見せ場が増えてる。執拗なまでにそういう変化を入れてるのってなんなんやろか。アメリカやと「女はそんな弱くない!」言うて苦情がくるんかな。レイトショー吹き替えが狙い目かと思って行ったら案の定10人くらいのガラガラ状態で見ることができた。幸せ〜。

 

f:id:kemurikikakuku:20190820081519j:plain

 

 

youtu.be

予告でやってた「Cats」は新時代のカルトムービーの予感。「もしも自分以外、ビートルズを知らない世界になったら」を映画化した「イエスタデイ」は今後の楽しみの1つ。さらにバットマンシリーズの悪者「ジョーカー」の誕生物語的なやつね。楽しみ楽しみ。さ〜今日も最高の1日になるで!

 

ライオン・キング (オリジナル・サウンドトラック デラックス版)

ライオン・キング (オリジナル・サウンドトラック デラックス版)

  • アーティスト: ヴァリアス・アーティスト
  • 出版社/メーカー: Walt Disney Records
  • 発売日: 2019/08/07
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 
ライオン・キング (吹替版)

ライオン・キング (吹替版)

 
Dawn [Explicit]

Dawn [Explicit]

 
Blue

Blue