-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

吸って吐いてを欠かさずに

 

車を借りて不要不急の外出。

f:id:kemurikikakuku:20200328191603j:plainf:id:kemurikikakuku:20200328191630j:plain

なんとなく和歌山の山奥へ来た。誰にも直接会うことなく出かけたので問題なし。見頃一歩手前くらいの桜が出迎えてくれた。

 

サラッと世界遺産へ。

 

f:id:kemurikikakuku:20200328191759j:plainf:id:kemurikikakuku:20200328191826j:plainf:id:kemurikikakuku:20200328191846j:plainf:id:kemurikikakuku:20200328191908j:plain

 

空海の母が晩年を過ごし、女人高野(にょにんこうや)としても有名な慈尊院。安産、育児、良縁などを祈願するお寺で、ふわふわした布で出来たおっぱい型の絵馬が強烈。先には丹生官省符(にうかんしょうふ)神社が控えている。神社は、お寺の奥の急な石段をあがると現れる。神仏習合っていうのはこれのことなのかしら。珍しいと昔は思っていたけど、根拠はないが大昔はどこの神社仏閣同士も繋がってるのが普通だったんじゃないかと妄想した。そうなると日本中の全ての神社仏閣は繋がってるとも思った。なんのこっちゃ。数年ぶりに訪れたので懐かしい気持ちになるかと思ったけどそういう感情は湧かず。ええところに変わりはなし。ここから歩いて高野山まで登っていけるルートがあるのだけど、ちょうど登山用の杖を持った高齢と思しき男性が山を降りて来ていた。見上げた体力。次は久々に高野山も候補に入れとこう。神と会うかな。

 

まさに不要不急。完全ノープランだったので日が暮れる前に和歌山を出発。昔旅行用に沢山作ったCDがご機嫌な音楽を流してくれる。Googleマップに通ったことのない道へ誘われ、軽く焦りながら帰宅。借りてる車がバンで駐車する時ちょっと緊張感がある。いろんなとこ行きたいから早く慣れたい。自然の中をドライブしてリフレッシュされました。嬉。

 


Devendra Banhart - Love Song (Helado Negro Remix)

愛を込めて。合掌

 

特にあてもなくドライブするとコンビニのコンビニたる所以のよく分かること。ホンマに便利や。けどなんか最近また寒いやん。4月はポカポカでどっか行こ。おーし今日も最高の1日になるで〜。

 

 Amazon御朱印帳売ってるんや。

Ma -Digi-

Ma -Digi-

 
Love Song (Helado Negro Remix)

Love Song (Helado Negro Remix)

  • provided courtesy of iTunes