-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

嬉しい歌を聞かせて

 

住んでる地域はありがたい具合の田舎で今年も桜が満開に近づいている。

f:id:kemurikikakuku:20200403222005j:plainf:id:kemurikikakuku:20200403222034j:plain

既に新緑の鮮やかな葉桜の木もチラホラあって、満開を過ぎようとしているのかもしれないが綺麗。最近また冷え込んで、一部地域では大雪の中、桜が咲き乱れていたとか。白とピンクの原色で彩られる風景はさぞ風光明媚なことだったろう。自然の見せてくれる偶然の美しさは、ハッとするアート表現みたいな癒しが仕込まれているように思う。瞬間心が豊かになるような気持ち。気候も心もほんわかと暖かいことで全てが丸くなる。

 

世の中を人類以外が蹂躙する昨今、なすすべを探して懸命に足掻く。懸命に耐える。なんとか今日も持ち堪え、自分は音楽とお笑いに支えてもらい、助けられている。YouTubeなんか見れる人はそれを、お気に入りの漫画や小説、映画とか、見れる人はそれを、ゲームなんか久しぶりに手に取って没頭したり、笑ったり、感動したりして時間を過ごしていると思う。政府にはここ一番偽善だとしても、国民のためと念じ、目先の私欲を捨てて働いて欲しいと願う。勝手なことばかり言いやがってと思う人もあるだろうけど尽力して欲しい。今共通の敵は人類、動植物以外なのだから、何を躊躇する必要も無い。お互いにこの時ばかりは手を取り合って完膚無きまで叩き潰してやれば良い。それは人類史上、たぶん最初の世界平和やんか。

 


今宵の月のように

ドスンと働いた1週間をまったり沈めた。眠れること、また起きて食べられること、感覚の全てに感謝しかあるまい。

今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

今宵の月のように

今宵の月のように

  • 発売日: 2012/10/31
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
俺たちの明日

俺たちの明日

  • 発売日: 2007/11/21
  • メディア: MP3 ダウンロード
 
今宵の月のように

今宵の月のように

  • provided courtesy of iTunes