-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

愛だろ、愛

 

関西の一部地域で今日の昼に自粛が解除されるとか聞いたんだけどマジ?

f:id:kemurikikakuku:20200521103251j:plain

週末一気にみんな外に出るんかしら。今日のうちに外食したい人はしといた方がええかもね。

 

 

劇場公開時に見れなかったジム・ジャームッシュ監督の「パターソン」を見た。現在Amazonプライムで無料公開されている。

ニュージャージー州に実在するパターソンという町に暮らす、バス運転手パターソンの1週間が淡々と描かれる。妻と愛犬の3人で穏やかに暮らす日々。パターソンは毎晩犬の散歩をして、馴染みの店に行き、どこにも発表しない詩を趣味としてノートに書き続けている。日常が日常らしい変化を見せながら日常に帰結していく。

ストレンジャー・ザン・パラダイス」「コーヒー・アンド・シガレッツ」など好きな人にはたまらない映画を作り続ける監督。とても好きな作品ばかりなんですが、今回も「らしい」作風を全開で見せてくれた。監督の作品を初めて見たのが「ナイト・オン・ザ・プラネット」という映画。誰にでも起こりうる見たことのある、見たことのない日常を淡々と映した作品で、ここからどんな悲喜劇が起こるのか高校生の自分は無駄に勘ぐり、語弊はあるが「何も起こらない」ことが心地いいことに大いに衝撃を受けた。かつてテレビの深夜放送はほぼ毎日映画がかかっていて、ジム・ジャームッシュをはじめ、いわゆる単館系、ミニシアター系の作品をたくさん見ることができた。今回の「パターソン」もそんな大爆発のない、愛すべき深夜放送帯の香りが健在。

主人公パターソンを「スターウォーズ」最終三部作でカイロ・レン役のアダム・ドライバーが演じているのを知らずに見たのでそこでいきなり惹きつけられた。当たり前だが「スターウォーズ」で暴れまわっていたあの人とは打って変わって完全に市井の人。しかしそのセクシーさは隠せないんだな。選ばれし者の魅力を感じる俳優さん。また唐突に現れたウータン・クランのメソッドマンにやられる。スーパー格好良い。無音の中でラップなのか詩の朗読を1人でしてるんですが、メソッドマンなんですよ。グローブと手の動きね。最高。ジム・ジャームッシュ作品ではジェザとレザ以来のウータンメンバーの登場。

自分でも詩を書く身として、日常の日常たる機微の中で起こる気付き、日々は平坦に思えるが微かに凹凸のある道だということを映画で表現しているような気がして、深く静かに共感が心に広がった。

 

youtu.be

新聞に「賭け麻雀認める」の見出しが。むしろ平和な感じがした。通勤時に見る車の量が明らかに増えている。そんでまた冷えこんできてる。毎年そうだったのか、とにかく夜は寒い。ほんで昼間は30度近い。しかし俺は元気。おっしゃ今日も最高の1日になるで! 

 

パターソン(字幕版)

パターソン(字幕版)

  • 発売日: 2018/03/07
  • メディア: Prime Video
 
パターソン [DVD]

パターソン [DVD]

  • 発売日: 2018/03/07
  • メディア: DVD
 
ナイト・オン・ザ・プラネット(字幕版)

ナイト・オン・ザ・プラネット(字幕版)

  • 発売日: 2019/01/11
  • メディア: Prime Video