-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

ブレインはリラックスしています

 

くだらね〜。

f:id:kemurikikakuku:20210102015732j:plain

東京弁を話す人は本当に言うのだろうか。くだらね〜。なかなか愛嬌のある、ちょっと言いたくなる日本語だと思った。

 

馴染みの神社に夜中お詣りへ。自問してるウチはなんの進展もないことにいい加減飽きてきた。

f:id:kemurikikakuku:20210107070917j:plain

住んでる団地がボロいボロいと言ってきて、実際にボロいのだけど、そのボロ団地の目の前にある府営の団地はさらに見た目がボロい。しかし去年夏あたりから府営団地はシートをかぶされ、朝からトンカン鳴らして工事をしていた。年明けと共にだんだん足場をなくし、とうとうむき身になると近年らしいパステルな色合いが素敵な団地に様変わり。「ウチのボロ団地の方がまだマシだ」などと差別的な気持ちを持っていた馬鹿は「ウチも綺麗にしてほしい」と僻んだ。府が抱えている物件との待遇の差は歴然。そんな中、1枚のチラシが舞い込んだ。「耐震性を調べる為にしばらく穴を掘る音がするけどごめんちょ」と書いてある。頼もしい話だけど、もし「この団地もうダメだわ」ってなると出て行かないといけないの?いけないのだろう。その時のお金を誰かが払ってくれるわけでもないだろう。分かってる。新たに団地を建ててそこへ住まわせてくれるという話でもないだろうね。吹雪いていた雪が薄っすら地面を白くしている。

f:id:kemurikikakuku:20210107070934j:plain



 

先日アメリカで起きた連邦議会に人が押し寄せ、女性が射殺された映像を布団の中で眺めていた。偏重主義、狂信者、歩く凶器。なんにしてもタチの悪そうなのは、バッファローマンみたいな牛の角を頭から生やした半裸の男が星条旗を持って先頭に立っている画像を見ただけで十分理解できた。暴動ってこういうことかとゾッとする。なんでもありを本来の意味で行使すると、当然とんでもない事がおこる。道も法も整備されて住みやすくなったとされてる現代に生きてると、古代とか地獄だったろうなと思うんだ。

 

youtu.be

 

開放の日です。休み。これだよこれ。ははは。存分に四肢を伸ばし脱力しよう。屁を沢山こいて過ごそう。ざまを見ろ。むはは。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

Der Klang Der Familie

Der Klang Der Familie

  • 3 Phase feat. Dr. Motte
  • ダンス
  • ¥153
  • provided courtesy of iTunes