読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-kemurikikaku-

なるべく毎日、短く更新!ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

6月の花

 
 
 
ジャンクな朝飯は旨くもあり、不味い事はない、くらいのもの。
 

f:id:kemurikikakuku:20160606091353j:plain

 

 
浅い眠り。
 
夢を見ては起き上がる日々。
 
観覧車からバンジージャンプ
 
59mの表記が見えた気がしたけど159mくらいある気がした。
 
 
 
 
ハッとなって目がさめる。
 
妙に腹が減ってるね。
 
昨晩から良い具合に曲がまとまってきている。
 
もう一息。
 
 
 
 
 
 
団地の周りに誰かが紫陽花を植えていたようだ。
 
 

f:id:kemurikikakuku:20160606090343j:plain

 
 
団地が好きで、フラッと良さげな団地を探して回る事があるのだけど、必ずと言って良いほど、誰かが花を植えている。
 
季節ごとの花が誰かのおかげで観れる。
 
動物は勿論、植物だって気持ちを癒してくれる。
 
緑には不思議な力を感じる、ような、感じないような。
 
 
 
 
 

f:id:kemurikikakuku:20160606192147j:plain

 

 

花は枯れると寂しいので、ベランダには緑を置いている。

 

なんだかんだでダイソーは偉大。