-kemurikikaku-

ママチャリに乗った小っちゃいオッサンの日記

ふざけ過ぎたのが良かった

今週のお題「やる気が出ないときの◯◯」

お誂え向けのお題が目に飛び込んできた。なんもしない。

 

笑えない感じでだるい日もたくさん通過した。

今日も誰かの誕生日。ぐるっと回ってまた欲してる。

 

 

Netflixで配信中の「the playlist」を見た。全6話と短いこともあり、はじめて海外ドラマを全話見ることに成功した。面白く見たのに終わりと知って「もう見なくていいんだ」と安心してるあたり連ドラに向いてない。

ITのスタートアップが虎視眈々と動いていたのは日本を見ても同じことで、スウェーデンにはスウェーデンの天才たちがこれからを見据えたシステム作りに没頭していたことを知る。音楽に限らず芸術には摩擦が必要で、温暖な土地で生まれる芸術もたくさんあるが、多くの人を魅了するのはヒリヒリした現場の摩擦が起こす一瞬の閃光のようだ。

 

朝から「ガキ帝国」を流す。井筒監督の出世作で当時人気絶頂の紳助竜介、新人の趙方豪(ちょうばんほう)が大暴れする昭和全開の青春活劇。「the playlist」の真逆をいく。

若かりし日の上岡龍太郎夢路いとしを筆頭に、木下ほうか、國村隼大杉漣らもちょい役で。今は活躍の見られない人が若い姿で多数出演。北野誠さんも長いんやなぁ。

 

俺、死ぬまで目開けてんのとちゃうかな・・

 

昨日あれからホープ会の小便たれとちょっとセンセーショナルな雰囲気になってな

 

井筒映画は「岸和田少年愚連隊」×ナインティナインが至高なのは揺るがないが、井筒監督の台詞は味わい深いものが多くて好き。

 

youtu.be

趙方豪さんが良くて、他の作品を調べると村上春樹著「パン屋襲撃」の短編に出演していた。

youtu.be

やっぱり良いなと思ったが趙さんは既に鬼籍に入っておられ、甥が俳優として活躍されているそう。「三月のライオン」見よ。

 

幸せは歩いてこないとされており、こちらからお迎えに上がる必要があるとのことだ。わかる。みずから動いた結果は長期記憶にのこりやすい。しかし向こうから幸せが舞い込んでくる経験もなんどだってあったことを忘れない。今このように。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

 

alternative choice

 

−40℃になるフィンランドで霜に覆われた木。

ぼつぼつダウン。

 

整うの整わないの、好不調の波に攫われてどこへ行こうというのかね?ほんまに。1時間の半身浴、水シャワーからのベランダ。足の甲やふくらはぎ辺りを血液が通っているのかジュワジュワとしている。気色悪い反応を示しながら恍惚の表情。今年は秋を感じること多し。

 

存分にhighなり。天高く俺肥ゆる秋。当たり前など無いことを知った日から黙々と機能するだけになった臓器もある。常にシリアスな存在として私を労わりつつもどこか厳しい。苦手だ。無理を承知でいつまでも笑っててほしいものだ。

 

youtu.be

サブスクのおかげで久しぶりの再会と新しい出会いに喜びが尽きない。

 

Mr.Childrenエルヴィス・コステロの雰囲気までカバーして「シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜」をPVで披露していた頃、私はコステロを知らず、只々「桜井さんカッケェなぁ」と思っていた少年A。あれから20年近く経って、両者に関係のないところで関連アーティスト欄に見つけたレオン・ラッセルと合流。アルバム単位で聞いてると、ふとコステロに影響を与えた部分が少なからずあるように聞こえた。ちょうどこの曲なんかエッセンスとして含まれてるような気がして、ひとりしずか、滋味を味わう中年の秋。吸って吐いて最高〜ってことな。

 

Netflixで公開中のSpotify創業までのドラマ「ザ・プレイリスト」を見はじめた。全員が満足いく結果、満足の一致を得たプロジェクトは無いのだろうか。巨大なプロジェクトに関わったさまざまな業界の精鋭たち。主要人物の証言を一話ごとに紹介していく演出。「彼はこう言ってるけどそうじゃない」とドキュメンタリーのよう。人との繋がりが案とヒントになって時代の寵児が駆け抜ける。時代が変わる時は一瞬のように見えるが、その一瞬のためにじわじわ変わっていくことが出来るかどうか。変わる時は保守派も改革派も共に戦うような時間があるようだ。どこかで折り合いがつくのを待ちながら、その時できることを提示し続ける。動き続けるためにも仲間を深く信頼している姿。最終話は2年後の話をしており失望的な展開だ。このままいけばのリアルな未来を意味しているのだろうか。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

 

Tell me why fucking tonight

 

adidasユダヤ人差別発言を繰り返すカニエ・ウエスト(現YE)との契約解消を発表した。

差別に対するリテラシーの低い日本ですら最近は厳しい対応が当たり前になってきている。

大企業がここまでやるのはよほど関係はこじれていたのかもしれない。発言の意図は知らんがカニエは辞めたかったのかもな。

 

満月ポンをかじる新月

満月ポンうめえなー。

 

マンチ続きで見る影もなく肥え太ったオッサンは家から出られなくなったアメリカ人のように死を待つほかなかった。しかしすんでのところでまたドタバタ走り始めた昨今。だからまだ肥え太っている。温かい、優しい人たちに見守られ、静かに再起を待っている。

 

しなしながら昨今の気温低下は豚にも厳しい。

朝など9℃である。寒すぎる。

 

youtu.be

良いミュージックばっかり浴びて快復しました。

 

目をつぶって走り抜けた10月。31日を1秒も記憶することなく今日にたどり着いた。さすが俺だと、大いに誉めてやる。ダラダラするのも難しかった心具合は今弛緩している。心からの安心を定期的に得る。深く吸って吐く。フォーリンダウンからの新しい光も有り。落ちても落ちても相変わらず神様に拾われる俺だ。助けてくれるあなたにも、あなたにも、あなたにも、あなたにも感謝しています。Amazonミュージックは密林となって目の前に広がり、いつか買い逃した音楽をずっと聞かせてくれる。100曲1束のプレイリストを作っては聞いて、新しいプレイリストを横に広げて。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

 

無駄はなかったんや

 

落ち込んだらもう上がるしか。

私は元気です、そう思いこんだ2ヶ月が終わる。

 

1度、アンビエント音楽をこんな大音響で聴いてみたかった。詳しくないけど、すごく良い音質で聞けたと思う。スピーカーが4つも5つもそこらに備え付けられており、おそらくそのどれもがベストな配置に置かれている。薄明かりの点いた会場でブライアン・イーノに聞き入る皆さん。目を閉じたり、座禅を組んだり、めいめいリラックスした格好でウットリしている。中には退屈で帰りたそうにゴロゴロ暴れる子供の姿もあったけど、その景色も含めてよかった。

 

少年は雪の降る庭をはしゃぎ回る飼い犬のように、改造バイクの音をブ〜と鳴らし田舎の広いコンビニ駐車場で大雨を一身に受けて旋回し続けた。そんな印象的なシーンでさえ、最近はお互いに「本当にもう、わかった、わかった」と思っている。そういう空気を感じます。(8/22)

 

 

なにを書きたかったのか忘れた、よくわからない抽象的な下書きをマキにくべる秋だ。日々の楽しみを紡いで紡いで暮らす。小1の頃の校舎のにおい、給食のにおいが鼻についていつまでも取れないのはトラウマに違いない。余裕なフリをする。とっくの昔にバグってたのが完全に故障しただけかもしれない。「私は大丈夫、絶対大丈夫」とアパホテルの社長は唱えているそう。俺もそないしょ。骨を鳴らす整体が気になって気になってしょうがない。鼻の毛穴パックくらいやらない方がいいと言われてるのは知ってる。千林商店街に骨鳴らし男がおるらしい。考え考え世界の骨鳴らし動画を見ている。(10/6)

 

 

魔法とは化学のことだったのか。

 

恥ずかしい、赤面、のたうち回りたくなるような状況になってはじめて分かることもある。ズルズル飲み込むアイスコーヒーの残りカス。あー、もう本当早く安堵。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

ラブストーリーにこだわるな

 

 

銭湯帰りの私は昨日までの私とは違っていた。

昔から近所にある喫茶店に入ってみる。

 

裏側の自分が好きな自分だとしたら

 

侮っていたことを深く反省する激渋純喫茶だった。「こんなところが地元にあったなんて」を久々に噛み締める。鮮やかな緋毛氈の上で頂くモーニングはコーヒーとトーストで400円。ありがたい。

 

店内は4名掛けが8席ほどあり、その全てにおっさんが1席/1人ずつ配置され、スポーツ新聞に目を落としたまま矢継ぎ早の会話を大声で交わしている。おっさん達はひとつのテーブルにはまとまらず、ひとり1席確保しているようでアトラクションのロボットみたいだ。大きな独り言なのか誰のことも見ず、机の新聞や虚空を仰ぎながら、それぞれが喋りたいことを喋りたいタイミングで話すものだから現場は混線状態が続く。なぜかこの日は全員阪神球団の関係者だったようで、我先に内情を暴露し合う野生のガーシー達。運ばれてきた熱い珈琲をすすりながら小さいナニワを耳に感じる秋。線香の良いにおいがずっとしてる。誰かの家の仏間のにおいが服に染みてるんだろう。

 

変わろうとして変わった15歳の春

 

ハウスやテクノばっか4つ打ちの日常。18歳は裏だったのかもしれない。踊れることは大事なんだよと情熱的に、軽薄に、踊りながら。

 

もう1人いた酔っ払いのライマーが歌った詩は今も次元の狭間でたまに見かける。私もついキャッチして老体に潤いを与える始末

 

 

ラジオアプリGERAで「なすなかにしのおじさんではございません!」を聞き狂った1ヶ月。毎日なすなか節に笑いまくってる。おもろいことを言う人の声。声だけをずっと聞いてると、なかにしさんは上岡龍太郎さんのようなテンポとイントネーションで喋る。なすさんは昔のベテラン漫才師の声で喋ってるだけで笑ってしまう時がある。突き放す感じのツッコミが渋い声と合わさるとたまらん。

GERA - お笑い芸人のラジオが聴き放題のアプリ

GERA - お笑い芸人のラジオが聴き放題のアプリ

  • FAN Communications, Inc
  • エンターテインメント
  • 無料

apps.apple.com

 

 

 

なかにしさんは透明の眼鏡をかけてらっしゃる。上岡龍太郎さん好きは間違いなさそうだ。俺も同じ理由で透明の眼鏡買うてん。1回目からアレンジを加えなくなった。これは気づけて良かったことのひとつだ。昔からなんの根拠もなく自分はなんでもできると思い込んでる子供だった。それは素晴らしいけど、毎回上手くいくとは限らないことを知る。そんな時にマニュアルや基礎に習い、最初だけは言われた通りにやることを覚えたのは、できるようになって本当に良かったと思っている。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

So true

 

囚われながら、茂みを分けいる。

Q,どこに行こうというのかね?

 

軽い熱病に罹っている自覚さえあるが向かう先はあまりにもあやしい。探し、それこそがという確信を---

 

トンビの優雅な飛行を横目に朝方の幹線道路を走る。まさか鳥の飛翔に惚れ惚れするほど多感でないと思っていたけど、良い。愛が身体中を走る感覚がした

 

 

 

私好みのヒップホップなニュースを教えてくれるこちらのアカウント様がまたどえらいものを教えてくださった.同じくかつてのヒップホップ好きは見れば笑う。見たほうが良い。

 

youtu.be

ラキムが格好良すぎて吹き出した。レジェンドの皆さんが今も健康的にヒッパップしてる様子を見せてくれて泣きそうになったがラキムでhighに。「舐めんな」と言われたきもち。

この企画は参加人数的にも、ご時世的にも、リモートライブの形式なのが妙に心地いい。スタジオを借りてレジェンドが一堂に介すればそれもすごいが、プライベートな空間でアーティストの集中力が上がり、見せ方含め各々の個性が出た、または日常的で飾らない柔和な雰囲気のものになっていてとても興味深い。

バックでボーカル有りのオケが流れてるのがすごく良いなと思った。今も同じ声質でラップしてるのが聞こえるとさらにグッとくる。ウキウキ・ワクワクしっぱなしの揺れる40分。ありがとうございました。

 

youtu.be

かつて夢中になったグルーヴがいくつもあった。

 

さっきの動画ええわぁ。興味ないやろ?ごめんやで。懐古ファンは全編首振りっぱなし・ぱなし・実際の話。最高のライブばかりで久々にヒップホップでガツンときた。なかでもブラックシープのドレスのラップはそのシーンにくるたびなぜか嬉しくなった。THINK TANK「BLACK SMOKER」で擦られていた声ネタから、ブラックシープへ逆に辿っていく若かりしdig期。ニューヨーク・ヒップホップ聴きまくり天国の日々に思いを馳せ天高く射精する秋。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

ノン・フィクション

ノン・フィクション

Amazon