-kemurikikaku-

ママチャリに乗った小っちゃいオッサンの日記

せいぜいなんぞ知ったことか

 

スッキリしてまた始めよう。

f:id:kemurikikakuku:20220119045858j:plain

余計なネガティブを消し飛ばした。

 

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞。2014年アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作品。そんなに前の映画でしたっけ?という感じだ。当時アカデミー賞がどうのこうのと称賛された評判の作品だったのを覚えている。予告かなにかで映ったアメコミ風ヒーローを見て「マーベルか〜今はええかな〜」とスルーしていたのだが、アメコミもマーベルも関係ないことを見始めて知った。

かつて「バードマン」というシリーズ作品で大成功を収めたハリウッド俳優リーガン。しかし過去の栄光は寂れその後のヒットは無く、離婚、薬物依存更生プログラム中の娘、「元バードマン」としか世間から認知されなくなったリーガンが、舞台俳優としてブロードウェイ進出という無茶な賭けに出る。

慌ただしい映画だった。アマプラの作品説明の項に「全編1カットかと見紛う長回し映像で圧倒的なリアル感と臨場感は必見!」とある通り、1カットでずーっと映画が途切れることなく2時間進んで行くようなテンポの良さが特徴的。普通の映画のように途中でカットが切り替わったりシーンがちょいちょい区分けされていたら集中力が切れて見てられなかった気がする複雑な内容だった。「舞台の裏側」がストーリーの主要部で、俳優ではない一観客としてはあらゆることが「知らんがな」で片付けられてしまう冷徹さを知った。根幹は「でもやるんだよ!」的モチベーション系コメディ。

走り続けるストーリーの合間にリーガンが過去の栄光に縛られて浮き沈みするシーンが象徴的に映る。無用と知りながらプライドを握りしめ、惨めな気分を自分以外になすりつけたくなる、身勝手で鬱屈の塊のような陰惨な気分を2時間の間に何度もリーガンは反芻する。その度にバードマンの幻聴が「お前はできる。お前は飛べる」と囁いてくる。しかしその幻聴こそが過去の栄光そのものであり、打ち砕くべきプライドだとリーガンが自然に導かれるクライマックス。そこまでを一気にダーッと見せてくるもんだから疲れた!面白かったけど!

 

youtu.be

プライドからくる恥ずかしさを捨て切れない状態で、しかし裸になるしかない状況を越えていく瞬間は心からバカな自分を肯定してる時だ。無知だからこそ成し得ることが俺をワクワクさせてくれた。見る前に飛べでやるしかねえ。

 

先週は筋トレ1回しかやってないど。身体中が張り詰めてる感じがしてどうも動きにくい。全身が浮腫んで破裂しそうな気分だ。しのごの言わずに運動しよう。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

 

カレーライスの伝承

 

まーた月曜が来てやがる。

f:id:kemurikikakuku:20220118044547j:plain

踵の鳴る靴を履いて憂さ晴らし。

 

1時間半くらいの映画を探して「コーヒー&シガレッツ」を見た。2003年ジム・ジャームッシュ監督作品。

全編モノクロ映像。珈琲と煙草を題材になんてことない会話が続く11本のオムニバスムービー。俳優やミュージシャン、この映画にのみ出ている美女などが過ごす一服の時。

また煙草吸いまくりの映画を見ることに。タイトルからモロなのはマゾヒズムの可能性すらあるが、映画の中で煙草を吸ってるシーンが好きなんだからしょうがない。何度も見た映画だけど何度でも見たくなる映画。とはいえ、しょっちゅう見たいわけではなくて、思い出した時に手元にあると嬉しいようなそんな映画だ。先日見た「ドント・ルック・アップ」で悪くてエロいアナウンサー役が最高だったケイト・ブランシェットの1人2役がとても好き。演技は変身だと思った。英語圏の日常的な諸事情や、文化風俗言語に明るければ明るいほど面白い映画なんだろうなと見るたびに思う。

 

youtu.be

トム・ウェイツにそそのかされて煙草を買うところだった。

 

忙しい日々だけど、ひとまず仕事があることをありがたいと思おう。それくらいに機嫌は良くなってきた。眠りから解き放たれて日常を過ごす。伸ばすべきところを伸ばしてリラックスする。あとは吸い込み咳き込み吐き出すだけだ。安寧を取り戻して楽しく過ごす満月の日。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

 

ヒモ付きの財布

 

疲れが溜まっては解放されていく。

f:id:kemurikikakuku:20220115051431j:plain

悟りを開いたように静謐。

 

「ブラック・クランズマン」を鑑賞。スパイク・リー監督の2018年作品。4、5年前がかなり最近に感じる。

コロラド州で初の黒人警官として採用されたロン。白人至上主義団体KKKユダヤ人警官のフリップと2人一役で潜入捜査を開始する。

92年の「マルコムX」で主演したデンゼル・ワシントンの息子、ジョン・デヴィッド・ワシントンが今作の主人公ロン役。「テネット」の人だ。スパイク・リー監督作品にも2世が登場するほど時間が経ったが、テーマとして扱っている問題は未だ解決せずに新たな悲劇が生まれている。相棒のフリップ役はスターウォーズシリーズ、「パターソン」も素晴らしかったアダム・ドライバー。長身で手足が長いイケメン。

前回紹介した「グリーン・ブック」では「白人が黒人を助ける映画」「白人が気持ち良くなるための映画だ」「相変わらずのハリウッド」などなど、かなり厳しい意見があったそう。スパイクリ・リー監督も「グリーン・ブック」のアカデミー作品賞受賞を受け、「誰かが誰かを運転するたび、僕は負けるんだ」とこぼした記事がいくらも見つかる。詳しくはリンクの記事を参照していただきたい。「ブラック・クランズマン」では脚色賞を受賞している。

 

youtu.be

個人的にはどちらも好きな映画になったけど今回は「グリーン・ブック」に軍配を上げたい。

 

www.bbc.com

 

なんでも人が一生懸命作ったものに賞をあげたり、勝ち負けみたいにして比較するのは大変やろな。その日の体調や環境や生理的な要素が重なりすぎるから明日には変わる可能性が高い。疲れにまみれてサボり倒した掃除洗濯を終わらせる。とりあえず買い物行かな。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

 

手こずったあとは楽勝

 

デザインされたようなオレンジ。百円。

f:id:kemurikikakuku:20220112163210j:plain

うんまぁい。

 

「グリーン・ブック」をやっと見た。また実話もの。元にしてるやつ好きやね。

ニューヨークのクラブで用心棒をするトニー。縁がつながり天才ピアニスト、ドクター・ドン・シャーリーのツアー運転手をすることに。シャーリーは一流のピアニストとして歓待を受ける反面、黒人差別にもさらされる。

またうまそうに煙草を吸いまくりでいやんなっちゃうね。煙草吸いてえ。昨今の映画は喫煙シーンがかなり排除されてるはずなのに当たりばかりだ。ニューヨークが出てくる話が見たいと思っていたのが良い引き寄せになった。60年代のアメリカを舞台にしてるのも個人的に嬉しい。タイトルのグリーン・ブックとは「黒人が使える施設」が掲載された雑誌のことで、差別が常識としてあったことが分かる。シャーリーは黒人でいながら類稀な才能を見出され、幼い頃から差別と無縁の上流社会で育っており、ニューヨークに住む黒人の生活や文化を知らない。一方のトニーはイタリア人ながらニューヨークを生き抜く下町のあんちゃんで黒人に差別意識がある。環境の違う者同士お互いの誤解を埋め、理解を深める珍道中が面白い。口が悪くて喧嘩っ早く、仲間思いで情に厚い。ギャンブルが好きで要領がいいトニー。下町庶民の代表みたいなオッサンが、上流階級の世間知らずなお金持ちを下町流にもてなす構図、見れば見るほど既視感がある。鑑賞中モヤモヤしていてハッと気づいた。こち亀両さんだ!そうだそうだ。すごいスッキリした。そうとわかって尚のことこの映画が好きになった。

 

youtu.be

 

バイオリニストでストラディバリウスを弾いてるおっさんを浅草中連れ回す話面白かったな。この映画が公開された時を同じく、この手の話を「ドゥ・ザ・ライト・シング」以降ずっと撮り続けているスパイク・リー監督の「ブラック・クランズマン」も話題になっていた。ネトフリさんはそちらもご用意あるようなので見ましょう。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

 

 

明日も止まらない

 

年末から皆ずいぶん待たされた荷物が到着。

f:id:kemurikikakuku:20220113012148j:plain

待った結果は結構いいじゃん!

 

Netflix映画「ドント・ルック・アップ」を見。ライフイズコメディな大作だった。現実に即した内容をパロディとシリアスの狭間で見せる系。

恐竜を滅ぼしたものより巨大な彗星が6ヶ月後地球に衝突することを発見したミンディ教授と天文学部の大学院生ケイト。すぐさま地球滅亡の危機を大統領やメディアに訴えるが、なぜか誰からもまともに扱われず、政府からは選挙のダシに使われ、テレビではお笑い的に茶化され、事態の深刻さからブチギレたケイトの映像はネットミームとして消費されてしまう。

「地球最後の日」は悲劇が喜劇に転じるのにテキメンな状況のようだ。笑わせようとしてるのは分かるけど主人公たちに感情移入してずっとイライラしていた。必死の訴えを尻目にミソもクソも「goodボタンとチャンネル登録」に絡めとられていく世界、届かない言葉はなんだかとてもツラい。「赤信号みんなで渡れば怖くない」は大勢で渡れば車の方が驚いて止まってくれるんじゃないかという勝手な思いと、大勢の真ん中らへんにいれば自分だけは助かるんじゃないかという希望的観測があって、彗星を見て見ぬふりする気持ちと似てるんじゃないかと思った。脅威はいつもそばにあるけど、全員で見ないようにする事で無いことになっていく怖さ。現代を生きる短期的な生存戦略なのかもしれない。なるようにしかならない諦めありきでスタートする。

 

youtu.be

 

こういう映画をモチベーションにしてやりたい事を真剣にやるきっかけにできる人もいるだろう。久しぶりに活性化された脳が嬉しい。体を伸ばし安心して深く吸い込み、ゆっくり吐き出した。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

サブスクもどんどん貼れたらいいのにな。

 

オマールからの手紙

 

寒くなったり、暖かかったり。

f:id:kemurikikakuku:20220111045208j:plain

絶対負けへんど。

 

ミュージックビデオの映像作家として有名なミシェル・ゴンドリー監督の「グッバイ、サマー」をチョイス!チェイス!どこへ行くんだチェイス

14歳のダニエルは女の子に間違われるほど可愛らしい少年。転校してきた機械いじりが得意なテオと意気投合。学校で浮いてる2人はガラクタを集めて車を作り、旅に出る計画を立てる。

可愛い可愛い14歳の男の子2人がひと夏の大冒険に繰り出す元気いっぱいな物語。夢の塊のような「家型の車」でフランスの田舎道を走るシーンは10代の俺が泣いて喜ぶ美しさ。ミシェル・ゴンドリー監督の自伝的映画と説明にあるがホンマに言うとんけ?なんと素敵な思春期なんだよ。もはやファンタジーと言っていいくらい甘美なお話だった。昔からフランス映画のボショボショ聞こえる日常会話は翻訳されると詩に見える。急転直下のストーリーや複雑な伏線回収だとかのないホンワカコメディなのでのんびり見れるが退屈に思う人もあるだろう。人生の山や谷を歩くなか、自分で選び、自分で進む青春に続く道を辿る。

 

youtu.be

雰囲気のある綺麗なお母さんだな〜と見惚れてたら「アメリ」のオドレイ・トトゥだった。可愛さ健在。

 

愛のコリーダ」から一転、なんと爽やかな映画だ。同じ人間が環境如何でこうも変わるんだから恐ろしい。運命や人生のバランスを感じる瞬間がある。「捨てる神あれば拾う神あり」な出来事もそんな瞬間のひとつだ。散々かと思ったら寸前でいつも救われる。それはそうと散財をしないように現金を注意深く見張っている。モスバーガーありがとう。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!