-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

バルタザール・ミシェル・クロソウスキー・ド・ローラ

 

何を調べてる時か全く忘れてしまったけど、

バルテュスという昔の画家に辿り着いていた。

 

f:id:kemurikikakuku:20141011171301j:plain

 

タイトルは本名らしいけど、リチャードをリック、とかいう感じで

バルタザールをバルテュスと呼ぶのか、ペンネーム的なものか。

 

この人はピカソが「20世紀最後の巨匠」と讃えたという。

存命時にルーブル美術館で絵が飾られる事は珍しいらしいけど、

彼の絵はバッチリ飾られてたんだってさ。

 

日本で出会った画家の女性に恋をして、その時の奥さんと離婚。

節子さんという日本人嫁をゲットしたというエピソードが

想像する芸術家ぽくて良いなと思った。

奥さんはいつも着物を着てる人らしく、それも、なんかぽくてグッとくる。

 

座頭市勝新太郎には男惚れして、彼を自分のアトリエに招いた事もあるんだとか。

 

 

何者かも、絵も、よく分からないけど、大阪で見れる機会があれば見たい。