-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

きのこ音楽祭

 

ほぼ当日にカーテンズのライブがある事を知って急遽予定変更、油野美術館にダッシュ!

 

この日は「きのこ音楽祭」というイベントが行われてたのですが

自分はてっきり11月の末にあるとばかり勘違いしていた!

 

 

油野美術館のボスこと、佐々木さん。

f:id:kemurikikakuku:20141029220420j:plain

まだ実態は分かりませんが、すご〜い人です!

 

 

 

今夜のカーテンズはアンプラグド風・スタイルの中でも目立っていた。

f:id:kemurikikakuku:20141030004158j:plain

地の利を生かしたアコースティックの勝利か。(アンプ使ってるけど!)

 

 

この日は長丁場で昼間からライブはやっていて(これがデイベントてやつ?)、

10組くらいのアーティストが出てたんじゃなかろうか。 

 

そんな中、共演のカリキリンさんにはやられた!

f:id:kemurikikakuku:20141030004319j:plain

京都のユニットで、唄とコントラバス(だったかな)。

「小学生の作文」を歌詞にしてるそうで、そこまでならNHKが既にやってそうですが、

この人達が違うのは、50年くらい前に小学生だった人達の作文を使ってるところ。

歌詞の中に「女中さん」とか今はもう使われない言葉が登場するのが面白い。

NHK教育とかのスタッフは絶妙な時だと思うので早急に使えばいい。 

歌う前の曲紹介もNHK的で可愛いかった。 

 

少しお話させて頂く事ができたのですが、

ボーカルの方は地元でチーママをされてるらしく先に帰られたとか。

そんなリアルストリート的なカリキリンやばいっす。

 

 

逆光で佐々木さん。

またいい先輩に出逢えました。

f:id:kemurikikakuku:20141030003909j:plain

Tシャツはドイツの卓球ブランド。

ドイツで卓球って、そのまんま石野卓球が連想できるようになってるけどテーブルテニスです。

 

 

常日頃カーテンズの康平君から「カビが生えてきてるから表に出ろ!」と

叱咤激励してもらってて、イベントには極力出向く事にしている。

その結果、佐々木さんもそうだし、一気に出会いが多くなって、すばらしい日々。

この日も、むらなかゆかりさんというお洒落な絵描きさんと知り合えた。

カーテンズのイベントはピースな雰囲気やなぁと脱獄囚としては複雑な気持ちでした。