読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-kemurikikaku-

なるべく毎日、短く更新!ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

甘味部・49

 

 

 

バイトちゃんから、東京土産を色々もらう。

 

グッとくる日本語歌詞の音楽を集めたミックスCDをあげたお礼らしく、ありがたき。

 

 

 

 

鳩サブレーなどの中に、一際目を引いた「満願堂」の「芋きん」という和菓子。

 

美味かった。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160225062541j:plain

 

 

 

こういう説明書みたいな紙が入ってるの好き。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160225062607j:plain

 

 

 

 

付属のペーパーナイフで包装を切るなんてなぁ、いいね。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160225062629j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

Holy shit

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160225062651j:plain

 

 

Amazing men?

 

Huh?

 

 

 

 

 

最初は大学芋の蜜を羊羹にしたような味。

 

段々スイートポテト、芋のペーストと味が変化していった。

 

ある時期、東京の叔母ちゃん家からの贈り物は、毎年虎屋の羊羹だったのを思い出した。

 

高級品なんだろうなぁという木の箱に入っていた。

 

力強い虎の絵が包装紙に書かれてあるのも印象的だった。

 

 

 

 

 

芋は甘い。

 

 

江戸時代から焼き芋は子供のおやつになる甘味だったらしく、「雛鍔」という落語なんかにも出てくる。

 

焼き芋が食べたいぞ。