-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

ドキドキするよな夢を見た

 

すでに遠いあの子についての3つの考察

 

 

94年制作「ナチュラルボーンキラーズ」を鑑賞。名前だけは知っていて、見たことのない映画はなんらかの刺激的な要素でグイグイ迫ってくることが多いけど、この映画も公開当初に見た人たちの興奮を想像させられた。1950年代にアメリカで起きた事件をうっすら下敷きにしているのだとか。原案はクエンティン・タランティーノ

 

f:id:kemurikikakuku:20181207181703j:plain

 

映画の中で上の画像のようなコラージュがたくさん使われていて現代のミュージックビデオのお手本のようにも見えた。

 

 

最初の15分くらいは「もしかするとつまらないかも」と思って我慢していた。見る時代が悪かったかもとか、そういうことを考えてる余裕があったのだけど、30分も経過した頃に画面に食らいついて口が半開きになっている事にハッと気づく。

 

 

繰り返される圧倒的な暴力で感じた解放感。背徳感多量のカタルシス無宗教の自分が瞬間的に初めて啓示を受け取ったような気になる危ない映像が連続して映し出される。チカチカと忙しいイメージの断片がそれを大いに助けていて、「まぁ見てくれよ」としか言いようがない。自分に足りてないものを思い出すような感覚が湧き上がり、次第にそれは元々持っていたはずなのに忘れてしまったもののように思えてきた。押し込めてしまった自分の中の野性を引きずり出されたような気になる素晴らしい映画だった。

こういう体験は貴重やでな。

 

youtubeに上がっている動画で、新井英樹さんの漫画「ザ・ワールドイズマイン」について映画評論家の町山智浩さんが語っているのを聞いて、漫画の元になったと思われるとしてあげていたのがこの映画。映画と漫画で共通しているのは「『なぜ人は人を殺してはいけないのか?』を自分の頭でまずは考えてみよう」が起点となっているところ。解説がとても素晴らしくて映画も漫画も見たくなること間違いなし。

 

 

www.youtube.com

 

 

日本の映画「凶悪」における山田孝之さんと、殺人犯ミッキーにインタビューをするロバート・ダウニー・Jrの顔と役柄がちょっと似てるなあと思いながら見ていた。「凶悪」は完全に実話を元にしているけど、あの映画も殺人に対して似たところに題材がある気がする。

 

 

ナチュラル・ボーン・キラーズ ディレクターズカット [Blu-ray]

ナチュラル・ボーン・キラーズ ディレクターズカット [Blu-ray]

 
ナチュラル・ボーン・キラーズ 特別版 [DVD]

ナチュラル・ボーン・キラーズ 特別版 [DVD]

 

 

 

夜を越えて

 

昨晩は西天満GANTZ toi,toi,toi,にお越し下さった皆様ありがとうございます。スタート直前はめちゃくちゃ雨風キツメでしたが多くのお客さんに集まってもらえてポックンは幸せもんです。ドラマー谷本さんとのセッションは正直言うて「スタジオとリハーサルの方が良かったね」というオチが付いてしまったものの、お客さんからの反応や、もらった音源を聞き返すとそこまで悪くもなく一安心。ただ「こんなもんやないで」の良い心残りを胸に来年へ。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20181205175720j:plain

 

 

今回も共演のバンドRe:Lillyの湯口さんから動画を頂きありがたき幸せ。毎度見るのがめっちゃ恥ずいし辛いけどホンマに助かるんです。いつもありがとうございます。

昔はライブハウスに出ると1000円くらい払ったらライブ動画を撮ってくれるシステムがあったけど、今はビデオ撮りますか?って聞かれへんくなったな。VHSテープでもらう感じとか懐かしい。荒い映像に映ったヘッタクソな自分達にウットリする感じ。プロにでもなったかのような気持ちを刺激されてとても気持ちよかった思い出。

 

 

イベント終わり打ち上げで談笑。俺はどうもああいう場所が苦手で、隅の方に行って隠れるように過ごそうとしたけど、スタッフさんに真ん中に呼んでもらってヘラヘラ、ニヤニヤする。入れ替わり立ち替わり共演者さんに声をかけて頂いたり、谷本さんにビールなどご馳走になったりして過ごす。田舎に住んでるもんで一足お先においとまさせてもらう。いつも通り一杯のビールで顔真っ赤にしてフラフラ各線の終電を乗り継ぎ乗り継ぎ、最後の電車に飛び乗った。安堵から熟睡。目を開けると終点で、駅員氏に揺すり起こされている俺。

 

最寄駅に向かう線の電車は「終了しました」の電光掲示板やろ。どうすんねんな。夜勤明けでめっちゃ眠いし、もう歩きたないで俺。そんなワガママを言うてもタクシーに乗れる余裕は当然なく、何も考えずに歩き始める。電池が1%の携帯が電車からずっとナイナイのオールナイトニッポンを流してくれている。iPhoneの充電1%は音楽再生に限り謎のスタミナを発揮してくれることで有名だが、ネットやカメラを使おうものなら一瞬でゲームオーバー。時間を見るのも諦めてラジオが家まで流れてくれることを祈りとにかく無心に歩く。1日を通して水とのど飴と打ち上げのビールしか口にしてなくて腹ペコ。しかしコンビニはおろか自販機すら出てこない真っ暗な田舎道。住んでる町は山を切り開いたニュータウンで、歩くと足首が曲がる急な坂道だらけ。それだけで相当ディープなテンションなのに暗闇の中、出っ張ったマンホールに蹴つまずいて、ころびはしなかったものの軽く足を引きずるようにして歩く羽目に。トボトボのショボボンなテンションでうつむいて歩く。夢中になってた98年のナイナイがおもろいことを言って笑いそうになるけど、なんかイライラしてるし笑えへんぞ!みたいな、全く意味のわからん意固地も発揮。

 

歩く歩く歩く。なんにもない。坂道の上がり下がりしかない。「『だっちゅーの』っていうのが流行ってるねんて。え?あ、『だっつーの』やわ」とか、そこが曖昧なくらい98年て昔なんか。歩く歩く歩く。たった2駅を歩いて1時間かかる田舎道。ようやっと地元の駅が見える。何一つトピックになるようなことが起きない虚し過ぎる帰り道。なんかおもろいことでも思いつけばええのになーんにもない。疲れ果ててんのに律儀に風呂に入って、髪乾かして気絶するようにソファに突っ伏したら朝になっていた。当たり前にタクシーをつかまえるようになった未来の俺が18年の俺を見ている。

 

 


PETIT BISCUIT - Memories

 

 

Sunset Lover

Sunset Lover

 
Presence

Presence

 

 

脳へ交流電流

 

f:id:kemurikikakuku:20181203070315j:plain

 

? 

f:id:kemurikikakuku:20181203070326j:plain

 

 

f:id:kemurikikakuku:20181203070348j:plain

 

赤子の肉片みたいですね。言うてほしいんやろ?言うたで?お金ちょーだい★

 

 

 

なんとなく「でもやらなきゃ」な用件が2、3個あるのに感覚としては「暇だなー」って時があるんやけどさ。たまにくるこの感じがまさに真綿で首をって感じの苦痛なんよ。なんやこれ。こんな時に誰か都合よく外に連れ出してくれたらと心底思うし、パッと何に使ったか忘れちゃってもいいような一万円札でもあればどんだけ救われるかなとか、自分を猫可愛がりしてやりたいような、たぶん、幸せいっぱいな瞬間にある。どこまでいっても続く景色のない空洞を歩いては休み、歩いては休みしているようなイトマ。水は低きに流るるる。シャッキリせえアホダラ経。

 

 

夜勤から帰ってきて飯食って寝る。こんな時は案の定2時間くらいで目が覚めて、Twitterで新しいフォロワーを増やしがち。良く言えば冴えてるんかもせん。頭と同時に目も冴えちゃって、今日休みで良かったーって感じ。ぜんぜん寝れそうにない。今日休みちゃうかったー。ワタファッ。

 

 

 

今年に入ってyoutubeで新たに見ているチャンネルが幾つか増えた。

中でも、筋トレ系のモノと、英語圏の人が日本人の音楽を聞く動画が好きだ。

from222日前の俺からの手紙。

 

 


COSMIC CYCLER - Private Beach

 

 

Nocturnal City Streets

Nocturnal City Streets

 

 

 

君と朝ぼらけ

 

バッチーン。

 

f:id:kemurikikakuku:20181129074529j:plain

 

ついに断線。根元からバッツリでございます。夏頃から危うい感じになってらっしゃったパソコンの充電コードちゃんが死去。8年に渡りお世話様でした。コードちゃまを埋葬してアマゾン電気店で新調。数日後やってきた充電コード改はアップルの純正品とほとんど変わりのない見た目で登場。

 

f:id:kemurikikakuku:20181130174349j:plain

 

リンゴの刻印代金が3000円くらいするらしい。

 

 

「♪ 線路は続くよどこまでも」とはよく言ったもの。車窓の景色は代わり映えのない町町々。たまにハッとする看板や建物が目に入ると目で追いかけたりして、上手くとらえきれるかどうかのところでまた同じ景色が続く。どうせ慣れてしまうとか、斜めに受け流す知ったような顔が馬鹿らしい。それも真実だけど線路が続いていることに感謝なんだよなー。のど飴が口の中で割れて簡単に舌から血が流れた。ゆるい刺激の連なりが生かしてくれる毎日を実感している。良い知らせが舞い込む。スタジオからの帰り道、電気グルーヴのインスト音楽が自転車で走る町を新鮮にしてくれている。12月になるんやで。あと5回土曜日が来たら2019。今日よりもっと最高の1日が始まりました。

 

 

www.youtube.com

 

 

INDIGO (IMPORT CD)

INDIGO (IMPORT CD)