-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

岐阜合宿

 

 

 

やっぱり言っちゃう早い、早い、早い。

 

 

先月の終わり、カーテンズのヨースケ君が仕事で訪れた岐阜でたまたま見つけて来た「昭和音楽村」に音楽合宿へ。

今回は野外ステージとホール施設、宿泊用のロッジを借りての楽しさ満載企画。

 

緑あり、設備良し、ヒトケ無しでそれは素晴らしい場所だった。

我々も楽器なんかの機材をたらふく車に詰め込んで、音楽あり、高級和牛あり、仮装パーティーの準備ありで挑みまくった。

 

 

特にヒトケ無しの部分では、平日かつ山奥ということもあり、利用客が我々以外におらず、始終どの施設も貸切状態。職員さんも17時にはキッチリ帰宅するので、そこから先は本当に誰もいない、夜中何時になっても音楽は鳴り止まない。

 

 

 

 

1日目は到着後すぐに野外ステージでスピーカーや楽器をセッティングしてライブが始まる。

とんでもなくのどかな風景に音が突き抜けて響いている。

 

f:id:kemurikikakuku:20171107124431j:plain

 

f:id:kemurikikakuku:20171107124453j:plain

 

大量発生していたアシナガバチカメムシ達が見守る中、演奏は和やかにスタート。

こういうのホント久しぶり。

蜂に最初はおののいていたけど、全く攻撃してこないのが不思議だった。

 

f:id:kemurikikakuku:20171116214849j:plain

 

 

夜になった頃、ロッジの側でバーベキューを囲み、時間はあっという間に過ぎていく。

何も考えないでゆっくりと眠る。

 

 

 

 

グッモーニンで心地よい目覚め。

高級和牛の残りを使った朝ごはん。 

 

f:id:kemurikikakuku:20171107124544j:plain

 

2日目のホールは想像以上にホールで、ピアノの発表会に闖入したような気分で楽なセッションを繰り返した。

 

f:id:kemurikikakuku:20171030141820j:plain

 

f:id:kemurikikakuku:20171116214750j:plain

 

こういう場所で何も考えずに演奏して騒げるというのは映画のようで、神秘的キッズの甘酸っぱい思い出を描くプロモーションビデオの中にいるような気がした。夏休みの夜中、学校のプールに忍び込んだ男女の笑い声のような未体験のやつ。

 

 

  

 

空を飛ぶ鳥が落としたのか、蟹の手がいくつも散らばっていた。

 

f:id:kemurikikakuku:20171030142221j:plain

 

いつからかバカみたいに騒げないけど、気持ちの上ではバカ笑ってる。

 

 

甘味部・53

 

 

いい意味で、日頃から薄利多売の頑張りをみせてくれているアルフォートに濃厚苺味が登場。

少し高いが日々の甘味生活を支えてくれている恩をここで返しておきたい。

とりあえず3つ買ってきた。

 

f:id:kemurikikakuku:20171102235619j:plain

 

苺チョコが好きな自分は食べないわけにはいかない。

アルフォートは元々美味いが、濃厚な苺とのタッグは敵無しであります。

 

 

 

 

冬はチョコレートの季節だと聞いたことがある。

バレンタインの影響かもしれない。

知恵袋には知恵者が集いどんなことでも話し合う。

 

https://m.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/q10110838300

 

 

 

冬に近い梅田のビルとビルの間は寒い。

完璧な黒染めをした神田正輝似のおじさんを眺めながら、東京行きの夜行バスを乗り回す。

もちろんアルフォート濃苺も持っている。

 

 

考えるフリー

 

 

AbemaTV でASKA吉田豪、両氏の邂逅。

数年前に吉田さんがラジオで話していたASKA話からこの日へ繋がった。

最初の数分の間に起こる笑いにプロを見る。

ASKAさんの話に共感する。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171031050555p:plain

 

緊張がほぐれ、饒舌になるASKAさんの思い。

披露された新曲も良かった。

「ロンリネス」はもう一回買って聞こう。

 

f:id:kemurikikakuku:20171031050831p:plain

 

 

 

寝ようとしてたのに理由は分からずそのまま「ソナチネ」を鑑賞。なんでやろ。

サッパリとしていて不思議な感触の映画。

何度見ても「見たことないヤクザ映画だな」と最初の感想が続く。

良い映画は気づくとエンドロールだ。

 

 

最新作の「アウトレイジ」は「ソナチネ」を思い出す人が多いらしい。

93年の日本においてどんな評価だったのか知らないけれど、武さんはかつてラジオでそんなに評判はよくなかったって言ってた気がする。

93年の東京を空想する。

 

今日職場で流していたボブジェイムスとアールクルーのアルバムは92年の作品で、あれは92年の良い音楽だった。

 

 


Sonatine Trailer

 

 

今の生活から違う次元に自分を放り込むような事ができるならどうだろう。

例えば「ソナチネ」のワンシーンのように、どこかに穴が空いていて、踏み込んで落ちていけるかどうか。

勇気か覚悟か、笑顔ののんきか。

たまに、強がりだったとしても強がれる人を羨望しているこれまでがある。

 

 

 

Black&White

Black&White

 

 

続 聞き出す力

続 聞き出す力

 

 

ソナチネ [DVD]

ソナチネ [DVD]

 

 

 

ゴミ捨て場のマイルス

 

 

夏くらいから1週間が短い。

稀にこういう時期を過ごすことがある。

喜怒哀楽を感じて掴もうとしている間に次の感情が押し寄せてくるような、しくじり続けたり、うまく行き過ぎたり、何もかもが過ぎていく。

充実していて、とてもラッキーで幸せだと思う。

煙草が燃焼する音が聞こえるくらい静かな夜に窓を開けて、いつもの生活が如何に時間だらけなのか、充足からくる自分の中の何かへの優越感を愛でる。

いつもより煙草が味わい深い。

 

 

 

毎日の仕事とやりたいことをやる。

考えなしに人と話したりする。ままならない自分を差し置いて人のことを心配したりする。愚痴を聞いたりする。

懐かしい友達と立ち話をして、いつも通り横柄な警官に頭にきたりする。

 

電車に乗って面倒な手続きをクリアしに行ったり、実家に帰って家族と話して犬を思いっきり触る。朝起きたり、夜起きたり。

バイトの高校生が教えてくれた海外ドラマ、別の子が貸してくれた漫画を読んで、見る。

これからの計画を少しだけ思い出してみたり、友達が元気にしてるか連絡を取ってみる。

 

 

調子の良い雰囲気が辺りを覆っていると不安になるのがいつものこと。

忘れていることや抜け落ちている事があって、後で痛い目を見るのは決まってこういう時期。

しかし調子が良いマンになっている自分は少し楽観的。

こういう不思議な時期にも廃品回収で団地中から寄せ集められた誰かにとってのゴミに目をやれているのはラッキーだ。

数々の名著や、マイルスデイビスの真剣な姿が目に止まってよかった。

何冊か気になる本や雑誌があったけど、真っ昼間の往来だったので抜き去るのを諦めたのが少しだけ、今も気がかり。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171014100609j:plain

 

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171014100533j:plain

 

 

あと1日しか残されていない世界を考えたりもする。


 

www.youtube.com

 

例えば誰とキスしたいのか。



 

Mura Masa

Mura Masa

 
MURA MASA [LP] [12 inch Analog]

MURA MASA [LP] [12 inch Analog]