-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

ジ・インターネット

 

 

iPhoneのニュースサイトが一瞬目に止まった。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171013193723p:plain

 

ザ・ドリフターズ仲本工事さん」

これは・・と頭を過ぎるあの手のニュース。

 

 

 

 

 

もちろんご健在。

 

f:id:kemurikikakuku:20171013193737p:plain

 

 

「人生は夕方から楽しくなる」という毎日新聞のネット連載インタビューだった。

 

知らなかったけど、仲本さんは5年前、一緒に映る27歳年の差のある奥さんと再々婚していたらしい。高知出身の演歌歌手だそう。年の差夫婦はカトちゃんだけではなかったのか。

たこれも知らなかったけど、還暦を迎えてから歌手活動もしているらしく、奥様とは高知県でライブをした時に知り合ったのだとか。

今は2人で飲食店を経営していて云々と書かれてある。

 

 

 

 

そこまで読んで急に腹が減って来た。

今日は出先で王将の「焼いてない」餃子を持ち帰ってたのを思い出した。

 

f:id:kemurikikakuku:20171013235733j:plain

 

 

昔は「上手く焼けないから」という理由で、冷めてしまうけど「焼いてある」餃子を持ち帰ることしかなかった。

んが、インターネッツのおかげで簡単に焼き方の説明を見ながら上手に焼ける。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171013235748j:plain

 

いろんな情報が手に入る世の中。

帰宅後、家族でレンチンした餃子を食べるのも旨かったけどね。 

 

 

 

明日の17時半から谷町9丁目のライブ喫茶亀で行われるライブにはおでんがフードメニューにあるとか。楽しみ。

 

10/14(土)

ことぶき!スペシャル+

【会場】谷町9丁目 ライブ喫茶亀

17:00開場 / 17:30開演

【料金】¥1000+ワンオーダー制

 

【出演】

河野宏子
もり
平居謙
ともちゃん9さい
smoke
馬野ミキ

livekissa-kame.com

 

 

 

 

 


like ドリフ(1-28)「相撲ちゃんこ。・・ヒートアップし過ぎの仲良し工事&けん」

 

 

 

 

 

 

ドラヤキ百科

 

 

 

 

なんか違う曲を作っては放置する日々。

東京で買って来たどらやきばかり食べて過ごしている。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171012232120j:plain

 

そういえばドラえもんは紙袋に入ったどらやきを部屋に持って帰っていた。

子供の頃、すでにほとんどの商店がナイロン製の手提げ袋を使用していて、紙袋に入ったどらやきは一段と美味そうに見えたものだ。

 

 


f:id:kemurikikakuku:20171012234752j:plain

 

 

手元に漫画がなく、ネットにも画像がなかったため非常に悔しい思いをしている。

実家からドラえもんのコミックスを移住させよう。

 

f:id:kemurikikakuku:20171012232911p:plain

 

 可愛い。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171012232928j:plain

 

貢ぎたい。

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171012232955j:plain

 

のび太くんの発想。

 

 

 

こう、バシッと決めたい。 

 

 

 

 

 

素晴らしいサイト

http://dora-world.com/tencomi_detective/dora001/vol002

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171012233752j:plain

 

mom・・

 

 

 

ドラえもん (33) (てんとう虫コミックス)

ドラえもん (33) (てんとう虫コミックス)

 

 

 

 

TOKYO紀行

 

 

 

数年に一度東京に行く機会ができる。

観光地としての東京しか知らないけど、東京は相変わらず魅力的な街。

そして紛うことなき大都会だ。

 

「山手線はなぜもっと駅を飛ばして走らないのか?」

田舎者は乗るたびに思い、「どの街も都会だからか・・」と思い出す。

東京在住者からすれば「◯◯駅は飛ばすべき」なのかもしれないが、朝も夜もほとんど乗降者の無い駅がある日常を体感してる自分からすると、誰かがいつも用事のある駅が山手線には揃っているのだろう。

 

 

 

ウエノポエトリカンジャム5という野外フェス出演が決まって勇み足、でもなく、フラフラとまた東京へ来た。

今回のライブでは降神志人さんと音楽での共演を果たせる。

前回の共演時、自分は落語での出演、嬉しいに違いなかったけれど「近々音楽ライブで共演したる」と胸に秘めていたので有言実行達成だ。

出番3分やけど。

 

 

 

 

新宿に降り立ち少し歩くと、ネットニュースで知った藤子・F・不二雄さん行きつけ、らしい、甘味屋さんに偶然ぶつかる。

ドラえもん好きでF好きの私ことスモークは、時間があったら探そうとしてたのでありがたい。

 

f:id:kemurikikakuku:20171008235253j:plain

 

しみじみ銘菓のどら焼きを味わい、隣にある「珈琲の店 ピース」も眺める。

先生はここでアイデアを出したり、ボーッとパイプを吸ったりしたんだろうか。

 

f:id:kemurikikakuku:20171009000628j:plain

 

f:id:kemurikikakuku:20171009000812j:plain

 

ウエイターが蝶ネクタイを締めた格好いい純喫茶だった。

煙草のピースの絵柄と字が見えるが関係あるのだろうか。

来月も東京に来るので時間があれば行ってみよう。

 

 

 

雨の東京。

中1の時に家族で来た初めての東京も雨だった。

妹が楽しそうにしていたことを思い出す。

 

 

 

翌日は曇天にまで天気は回復。

原宿の駅舎が見たくてJRに乗り込む。

この駅舎こそ、原宿代表のkawaiiだろう。

 

f:id:kemurikikakuku:20171009001518j:plain

 

来るたびに中学や高校生の頃の自分を連れて来てやりたくなる。

もうオッサンになった自分にも魅力溢れる街ではあるけど、あの頃の熱狂的な想いは感じられない。

ラフォーレ原宿って一体どんな所なんだろう?」とオシャレ雑誌のストリートスナップを穴が空くほど眺めた日々を想う。

何十年前からの刷り込みか分からない「原宿と言えばクレープ」を食べながら、のんびり街を眺める。

 

 

 

今もそう呼ばれてるのか「裏原宿」を歩く。

エイプやネイバーフッドなど、当時を思い起こすブランド名がひしめいている。

 

昔取った杵柄で、「モデル着用の服はここの古着屋に売っている」と書かれた詳細な情報「だけ」を頭に詰め込んでいたので、古着屋の屋号を見てはジンワリ感動したりする。

高校生の自分はさぞはしゃぐだろうなぁ。

 

 

 

大阪や他の地域にもいろんなブランドが出店されている昨今、「それでも東京にしか無い」を求めて人がごった返していた。

 

 

 

近所にあった「kicks lab」という靴屋さんには大阪ではあまり見ないナイキの靴がたくさん並んでいた。

 

f:id:kemurikikakuku:20171009001217j:plain

 

ナイキとシュプリームのコラボ靴は初めて本物を見て、触った。値札には12万なんぼと書かれてあって笑う。

 

 

2年前に来店していたらカードを切って買っていただろう「モア アップテンポ」。

 

f:id:kemurikikakuku:20171009002200j:plain

 

東京だと簡単に手に入るんだなぁ。カラーバリエーション、サイズもかなり豊富で羨ましい。

 

 

大阪で探していたコダックのロンTを発見。

 

f:id:kemurikikakuku:20171011230205j:plain

 

お金も時間もなかったので今回はスルー。

できずに引き返して、写真にだけ納めて帰る。

「ちょっとデカいわ」 などと負け惜しみながら後ろ髪を引きちぎられん勢い。

 

 

 

 

東京の古着屋さんは値段が高い。

関西の古着屋では考えられないような値段がついている服が多く、これは土地代が世界一高いと言われる東京の辛い所なんだろうか。

 

f:id:kemurikikakuku:20171011230331j:plain

 

 

東京は少し歩けばテレビや雑誌で見かけた物が現れる。

芸能人に会ったような驚きが楽しい。とても1泊2日じゃ周りきることはできないし、次に来るとまた新しい何かがそこに待っている。

新たに目標を更新しつつ、東京、またね。 

 

 

 

www.youtube.com

 

来月はカワイイモンスターカフェに行ってみよう。

 

 

 

ハッピーランチ

ハッピーランチ

 

 

 

 

ウエノポエトリカンジャム5

 

 

 

上野にある野外音楽堂でライブができると聞いて東京へ。

舞台は水上(すいじょう)音楽堂、上野恩賜(おんし)公園。

サニーデイ・サービスがライブをやっていたことがネットを調べると分かってなんだかウキウキ。

 

 

 

前座の前座である自分の待ち時間は3分間しかない。

しかし大阪以外の土地で大勢の人前でやれること、大トリに谷川俊太郎さんが登場し、降神志人さんや小林大吾さんも出演するイベントと聞いて、3分間がひどく有難いモノに思えるじゃないか。

3分間、いつも通りのことをやる。

それだけ決めてゆったり移動。

 

 

 

 

自分の番が回る頃に雨が止んでたまに光が射し始めた。ありがたい。

 

f:id:kemurikikakuku:20171009002532j:plain

 

f:id:kemurikikakuku:20171010192439j:plain

 

 

出演者のもりくんが撮影してくれていた。ありがとう。

 

そのもりくんはヘッドライナーの枠で大暴れ。

逞しい肉体と声を使い、東京の街に己の痕跡を擦り付けるさまに見入っていた。

4日後、大阪で共演するのが楽しみ。

 

 

10/14(土)

ことぶき!スペシャル+

【会場】谷町9丁目 ライブ喫茶亀

17:00開場 / 17:30開演

【料金】¥1000+ワンオーダー制

 

【出演】

河野宏子
もり
平居謙
ともちゃん9さい
smoke
馬野ミキ

livekissa-kame.com

 

 

 

 

この日は最終的に900人程の人が詰めかけたそうだが、自分の出番中は100人居るか居ないか。

それでも普段のライブを考えると、考えられない人数が見ている。

少しでも大阪の小男に興味を持ってくれた人が居てくれたらありがたい。

ここからまた1つ1つ。

全国の皆様、イベントに呼んでください。

スモークは自作曲を使った詩の朗読、ラップ、歌をやっています。 

 

 

 

 

その後はライブを楽しむのみ!

 

 

MCバトルが開催されていたらしく、優勝者の黄猿さんがライブをしていた。

黄猿さんのライブが観れるなんて想像もしてなかったラッキー。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171009002937j:plain

 

ヒップホップ愛が満ちたりたショーだった。

ラッパーは格好いい。

 

 

 

小林大吾さんはリハーサルの時点で楽しみだった。hinemosのみんなにも観て欲しかったなぁ。

 

f:id:kemurikikakuku:20171009003001j:plain

 

個人的によく聞いてる「三角バミューダ大脱走」が生で聞けた。

空気に美声が溶けていく。

 

 

 

志人さんはTwitterを見ていてもこの日の感動を全部請け負ったような凄まじいステージ。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171009003231p:plain

 

いつ見ても違う場所でどこかを見つめ、草笛を吹いているスナフキンのようなアイドル性を持った人。

「私は人間でもない、まして詩人でもない、キノコです。完全にキノコとして出来上がってやってきました」

微生物宣言をした志人さんの「ラブレター・フロム・マッシュルーム」に会場がやられる。

あーすげー。あー格好いい。

 

 

 

大トリの谷川俊太郎さん。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171009003018j:plain

 

たった8分間のステージだったが間違いなく一番盛り上がっていた。

とにかく谷川さんが一言喋れば拍手喝采雨あられ。

普段学校なんかで詩を朗読する時は遠慮もあって拍手が少ないらしく、「拍手があるとすごい嬉しい」とも仰っていた。 その言葉にも拍手喝采。

「そこまでやらなくていい!」と会場中の笑顔が満タンに溢れていく。

みんな、この時間を共有しているのが嬉しくて仕方ないのだった。

 

「これすごい気に入ってんだけどね・・抵抗感じる人もいるだろうけどここは大丈夫だと思うから読みますね」と「なんでもおまんこ」をやってくれた。ありがたい。

タイトルを恐る恐る読み上げた瞬間、何度目かの大喝采に「なんで?なんでだよ!」と嬉しそうに笑ってくれた。

 

 

 

 

 

気がついたらまた夜行バスで寝たり覚めたりしてる。

夜も白白明け。

東京行きのバスに乗ってる最中からずっと上の空で、無意識に近い状態が続いていた。

始終リラックス出来ていたのかもしれないけど、こんなのんきで良いのか?と変に不安になるくらいどこにいても無心だった。

お前の感受性、腐ってきとんちゃうやろな。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20171010180019j:plain

 

 

次の東京は11月4日、ポエトリースラムジャパン全国大会で会いましょう。

 

11/4 (土)

ポエトリースラムジャパン全国大会

 

【会場】月島社会教育会館ホール

11:30開場 / 12:00開演


【料金】2000円


【MC】猫道(猫道一家
*休憩室(キッズルーム)あります。


18:00 終演予定 

 

 

 

www.youtube.com

 

 

 

詩人の刻印

詩人の刻印