-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

動くことで生きていると

 

 

なぁオートミール食ってる?こっちはしばらく手放されへんわ。便秘の人マジで食ってみて欲しい。エッグいで。排便が快楽やったことを思い出すレベルですわ。

 

日食 プレミアムピュアオートミール 300g

日食 プレミアムピュアオートミール 300g

 

 

「不味い」って意見もあるけど、個人的にはご飯とそんなに変わらんと思う。あまりにオススメすぎていきなりAmazon。スーパーでもあると思うっす。便秘の人はマジで。

 

 

 

f:id:kemurikikakuku:20190524173902j:plain

 

 

とんねるず石橋貴明さんのインタビューを読む。一時代を気づいた人の仕事の話、その関わり方は興味深い。10年前くらいはインタビューでは見かけないイメージの人だった。こういう落ち着いた話が聞けることがファンとして嬉しい。大阪育ちで子供の頃からバラエティと言えばダウンタウン一強の雰囲気が当たり前に漂っていた。もしかしたら世界で一番面白い人たちなんじゃないか?と本気で思っちゃうくらいダウンタウンには笑かしてもらったのも事実。だけど自分にとってそれは思春期から青年期にかけてで、笑いの原体験は松っちゃん浜ちゃんではなく、タカさんノリさんだった。スタッフを巻き込んだ独特の身内ノリは当時理解できなかったけど、仮面ノリダーを始め子供にも分かりやすいコントに兄弟で熱中していた思い出。「ガラガラヘビがやってくる」など歌モノを手がけてた頃の話も。一口に「景気がよかった」と表す人もいると思うけど、当然本人たちは楽しみながら本気だったことが伺える。

 

 

news.yahoo.co.jp

 

 

 

その頃の思い出と引っ付いてくるのが「懐かしいCM」。こないだTwitterでちょうど「みなさんのおかげです」がやってた時間帯、お風呂上がりとかに見ることの多かった「ノエビア」のCMの鶴田一郎さんの絵と再会した。嬉。

 

[http://

:embed:cite]

 

一回見たら忘れられへん絵。当時は正直好きじゃなかった。でも頭から離れてくれなき絵。怖かったのかもしれないけど脳に刻まれてる。才能とかセンスとかはこういうものなんかもしらんです。

 

 


NOEVIR CM History 88.5~98.5 Cosmetic Renaissance

 

概要欄には曲目と歌手名も記載されていて、どうやら名曲カバーを豪華なメンツがやっていたことを知る。ミニーリパートンのラビンユーを邦訳で歌ってたり、なかなかおもろい。あの頃「ああ蝶になる〜」を何度も聞いた気がする。明日はもっと最高な1日になりまっせ。

 

 

鶴田一郎作品集

鶴田一郎作品集

 

 

 

#情報量多め