読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-kemurikikaku-

なるべく毎日、短く更新!ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

「ドラッグストア・カウボーイ」を見た

  

高校生の頃に友達が見たと言ってて記憶に残ってた映画。

 

1990年公開、ガス・ヴァン・サント監督デビュー作。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20141101025721j:plain

 

1970年代のオレゴン州ポートランド。麻薬に溺れたボブ(マット・ディロン)とダイアン(ケリー・リンチ)の2人は、仲間のリック(ジェームズ・レグロス)、ナディーン(ヘザー・グラハム)と共に麻薬を得るためにドラッグストア を襲ってはドラッグを楽しむ日常を送っていた。しかし上手くいっていた生活もしだいに歯車が狂っていく・・

 

 

ガス・ヴァン・サント監督は後に「グッドウィル・ハンティング」などを撮った人。

 89年制作とは思えないセンシティブな映像。

 

 

 

 

ま〜陰惨なお話でした(笑)

スリルとドラッグとバイオレンスの嵐で、淀川長治なら即「怖いね」を連発してます。

 

で、確かにスリルとドラッグとバイオレンスの嵐なんですが、

よーく見てるとそこまで過剰にも描かず、抑制してる気がして来る。

 

「こりゃ〜絶対ぶん殴られちゃうな〜」と思ったら何事も無かったり、

「今から薬祭りの模様をお届けすんのかな?」と思ったらシーンがガラッと変わったり、

しかし見せる所ではガツンガツン見せてくる。

押しと引きがホラー映画のようで、とてもテンポよく見ていられた。

 

主人公で強盗チームのリーダーボブを演じるマット・ディロン

頼りになる兄貴っぷりと、どんなにラリっても冷静に状況判断する頭の良さが格好いい!

かなり映画的ないい男を演じてます。

 

 

 

 

あと、これはちゃんと話せないので書かない方がいいんだけど、

この映画のあらすじが「時計仕掛けのオレンジ」っぽいなと思った。

「時計仕掛け」を見た人なら、もしかしたら分かってもらえるかもなので、

もし両方見た人は是非お話聞かせてください。

 

 

 

 

 

映画の話はここで終わりで、

 

見てて個人的に一番驚いたのは、この方のゲスト出演!!

 

 

f:id:kemurikikakuku:20141101025728j:plain

 

 

 この老紳士、なんとウイリアム・S・バロウズなんです!!!!

 

は?だれ?

 

となってる方はすいません・・

 

 

 

 

この人はハーバード大学卒の作家で代表作に「裸のランチ」などがあります。

ケルアック、ギンズバーグらと共にビート派と呼ばれている。

 

 

ドラッグにまつわるエピソードが尽きない作家で有名なんですが、

イリアムテルごっこで妻の頭にリンゴを置いて、うっかり射殺しちゃった

なんていう、ぶっ飛び過ぎたエピソードも持ってしまってる。

 

 

 

キースへリングや、ニルヴァーナのカートコバーンがバロウズの大ファンだったり、

YMOが声を録音させてもらってサンプリングしてたりと、

ミュージシャンや画家、映画界からの信頼も非常にあった人物。

 

 

 

そんな彼が、西海岸で1番のヤク中神父という、これまた乙な配役で登場します。

この辺も楽しめる方なら、かなり楽しめるかと思います。

 

 

 

 

#mane