読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

-kemurikikaku-

なるべく毎日、短く更新!ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

争いは、同じレベルの者同士でしか発生しない

 

 

いつか2ちゃんねるで見かけて以来、常に「心のフォトグラフ・メモ欄」に記しておきたいと思っている言葉だ。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20170201184641j:plain

 

国同士なんかの交渉を見ても、アメリカやロシアが日本に対して対等に話合っているとは到底思えないのも、「君たちは要求される側だということを忘れてはいけない」と相手国が常に上からモノを言うからだ。

 

イジメにはなっても争いにはなり得ない。

 

 

 

 

物を売る場所で働いていると、客と店員に分かれて同じような事がまま起こる。

 

「お客様は神様です」という言葉は、故・三波春夫さんが「神様に芸を見てもらうような気持ちで、真剣に取り組む」というような意味で言ったことが曲解されていると、三波春夫さん自身が大々的にWEBサイトに公表している。

 

 

しかしごね得狙いやクレーマー各位にとってこれほど都合の良い言葉もなく、神様は今日もよく分からないことを仰います。

 

 

 

 

飲食店に働いていると、たまに財布を忘れて来るお客さんがいる。

 

そういう場合は後日お金を持って来てもらう事になるのだけど、原則として「ツケ払い」はやっていない。

 

ややこしい事に、店では現金をチャージするタイプのカードでの支払いが出来るようにもなっていて、これもたまに忘れて来る人があり、その時は現金で支払ってもらう事になっている。

 

ここまで、多分、おかしな所は無いと思っているのだけど、どうなんだろう。

 

 

 

 

毎朝やって来る酷く偉そうな物言いと、酷く高圧的な態度で有名な中年の団体客がある。

 

自分は被害を受けた事はないが、聞いてるだけでゲンナリするような話を散々されてきた。

 

店員を呼ぶ時にはパンパンと手を叩くそうだ。

 

その団体が夕方頃にやって来て、「『カードを忘れたからツケておけ』と言ってるのですが」と、バイト君から報告を受けた。

 

 

 

 

曜日別清掃のドブさらいをしていた手を止めて、「ツケはやってないから現金でお願いします」の旨を、手っ取り早く済ませる為に、バイト君に変わって伝えに行くと、「前はできた」と無理を押し通そうとする際の常套句が飛び出した。

 

「店長に聞いてみろ」と言うので押し問答をしても仕方ないし引き返して電話をかけると、確かに前例があるらしく、前例を作った馬鹿野郎は誰なのか分からないという。

 

 

 

とにかく「ほぼ毎日来るし一人分なら問題ないから」ということで、また団体の元へ戻り、一品分の代金は明日なのか明後日なのかに支払うということで話がまとまったかのように思えた。

 

「俺だけちゃうぞ、今日は全員分ツケとけよ!」

 

おじさま達はお下品な笑い声を上げている。

 

「誰もカードか財布を持って来てないんですか?」

 

「はあ?俺だけや」

 

「全員分になると金額が大きくなるのでカードを忘れた方のみでお願いします」

 

「なんでやねん」

 

「いえですから、全員分になりますと金額が大きくなりますので」

 

「はあ?ええよ」

 

俺が許可する!という口調に一座がまたドッと沸き立つ。

 

シンプルに「殺すぞ」と言えればよかった。

 

しかし言うと同じレベルになってしまう。

 

それだけは是が非でも避けなければならない。

 

グッとこらえる。

 

 

「ええよて・・言われましても、元々ツケ自体やってないんで、困るんですけど」歯噛みして答えた。

 

すると不服そうに現金払いをすると言う。

 

なぜ最初からそう言わない。

 

「分かりました」と立ち戻り、伝票を作り直し、店長に事の次第を報告して、ドブをさらい、身を鎮める。

 

 

 

ため息を30連発ほどした頃、「おい!」と呼ぶ声、パンパンという軽快な手拍子。

 

またバイト君が飛んで行くと「『代行を呼んでくれ』と言われたんですが・・」。

 

 

 

喫茶店で代行?

 

辺りには飲み屋も無く、最近コンビニも潰れたので、持参した酒を飲んでいたのか?

 

タクシーを呼ぶことはあるのでタクシー会社の連絡先は分かるが、代行サービスの連絡先など分からない。

 

また店長に電話を入れると流石にそれは初耳らしく、近隣の飲み屋に詳しい店長から、代行サービスを行う店を聞き出し、ドブさらいを再び中止して代行サービスに電話をかける。

 

 

 

まだ夕方だと言う事もあり、どこも「19時からです」の答え。

 

また団体の元に行ってその旨を伝えると、何が可笑しいのかゲラゲラ笑いながら要領を得ない。

 

アメリカンをかけたくなって来たので早々に立ち去る。

 

 

 

事務所に戻って愚直に新たな代行サービスの店をネットで探す。

 

「おい!もう代行ええぞ!」

 

 笑い声が事務所にまで響いて来た。

 

バイト君が事務所に走って来て「あの、もう代行良いそうで・・」

 

「聞こえたよ。さぁ、ドブをさらおうか」

 

 

俺はドブ水を飲み干して自殺した。