-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

先祖帰り

 

 

 

先日、家で小さなお盆の儀を執り行った。

 

f:id:kemurikikakuku:20170816164050j:plain

 

 

「盆の墓参り」

当たり前に誰も行ってるんだろうか?

多分自分は一回も行った事がない。

 

これから寒くなりそうという時期に親戚と霊園を訪れ、父方の墓を綺麗にしたのを覚えている。夏は記憶にない。

 

考えると母方の墓は誰も手入れに行ってないんじゃないか?と邪推したこともあり、突如起こった謎のブームに乗って墓参りへ行く事を決めた。

なるべくなら暑い内に水をかけてやりたい。

 

 

 

 

この世から居なくなった人たちは列記とした先祖にあたる。

人はどの瞬間から先祖なのかはわからないけど、生きてる人よりも墓場の人の方が先祖感がある。知らんけど。

 

 

誰にでも現在の元となる始祖がいる。

元祖自分。確かに元祖の味は大事にしないといけない。

しかし時に己の道を歩む剛の者もおるやろ。

選択は自分がする。

タイムマシンが出来たら絶対にどんな人なのか見に行きたい。こういう事を考え始めると頭がドラえもんになっていくから好き。

どういう事?

「こういう事やがな。頭がいかれとんねん」

ほっといたれ。

好きにさせとけちゅーとんねや。

 

大丈夫やろ。

 

 

 

www.youtube.com

 

あなたを呼んでいる

私の声が届いているのは分かっている

私はあなたを呼び続けているのよ

 

 

 心解き放つ系男子は進む。

 

 

Ask a Woman Who Knows

Ask a Woman Who Knows