-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

BARの闇

 

 

 

昨日1日の記憶がスッポリ抜けてる私が、スモークです。

 

 

 

 

こないだ先輩と暇が合致してブラブラ。

 

先輩の同級生がやってるバーに連れて行ってもらう。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160503160112j:plain

 

 

バーにはギンギンにイケてるグループが集まっていて、場違いな所に来てしまったなぁという心持ち。

 

カウンターに移ってからは周りが気にならなくなるが、先輩の友達も来て、いよいよ肩身狭く、勧められるままお酒を飲む。

 

 

 

 

 

久しぶりのアルコールにやられて30分もしない内にカウンターに突っ伏して寝ていた。

 

 

 

 

 

あー、動物に見えるなぁ。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20160503160039j:plain

 

 

オバQのO次郎が杖を持って、呪文を詠唱してるようにも見えるなぁ。

 

 

 

 

「そんな事言っても盛り上がらねぇしなぁ」と思ってる記憶が浅い夢に現れた頃、肩を叩かれて退店。

 

 

 

 

卵を材料にしたカスタードクリームのような液体を使ったスノーボールというカクテルが美味しかった。

 

体は重い。

 

先輩と月の引力の話をしていると思ったのに気付いたら寝ていた。

 

夢と現を行き来した夜。

 

闇が一層濃くなる音を聞いた。