-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

ノーメイクの言葉

 

先日我が魂の拠り所、港街神戸へ連れて行ってもらった。

f:id:kemurikikakuku:20200117081804j:plainf:id:kemurikikakuku:20200117123822j:plain

南海キャンディーズスタイルでお邪魔します。

 

久しぶりに元町ではなくモザイク周辺の空気を存分にスーハーして堪能。この街は美し過ぎる。今のところ日本の街、心のベストテン第1位はいつもこの辺だった。これから変わることもあるのだろうけど、意識し始めてから20年近くこの街が好きだ。理由とかは分からない。大阪の方が馴染みの場所があるし、行動パターンや範囲も広い。それでもいつか必ず住みたい街。FM局はKISS FMが好きだ。松本隆さんも住んでる現代の風街。

今日は「震災から25年」のニュースがどこもトップ記事。多少なりとも被害のあったこともあって、自分の住んでいる街のように神戸を思う。震災のあった年、家族で電車に乗って三宮周辺の街へ行ったことを覚えている。いつも車でしか移動しない家だったので、もしかするとまだ道路が壊れていたり、一帯の駐車場が閉鎖されていて、梅田かどこかから、電車に乗り換えたのかもしれない。両親共に兵庫の出身でどちらも思い出深い土地だったのだろう。父はその青春時代を全部三宮のそごうだったか、大丸だかのデパートで働いて過ごしたと言っていたような気がする。車窓の景色を見ながら母親が涙ぐんでいるのを覚えている。まだ子供だった自分は静かに狼狽し、空気感に耐えられず、所在ない気持ちとそれでも何か静かにしておかないといけないような、珍しく空気を読んでいたことも懐かしく思い出された。その日三宮周辺を歩いた時、倒壊して立ち入り禁止区域になっていた映画館の前を通った。前年に公開された「平成たぬき合戦ぽんぽこ」を観に来た映画館が完全に潰れていて、撤去途中の瓦礫もまだあり戦争の跡地のようだったように記憶しているが、かなり薄らぼんやりしていて定かではない。今ほど頻繁に来る場所ではなく記憶も曖昧だったので、母親に教えられるまでそこが映画館なことにも気づかなかったが、さすがに1年前に来た場所なので、よく見ると記憶と合致する建物だと分かった。映画が好きな母はそれこそ学生時分から映画と言えばあそこに来ていたのかもしれない。

 

f:id:kemurikikakuku:20200117085023j:plain

この日は特設のスケートリンクが出来ていて子供の嬉しい声が響いていた。25年が経って神戸は復興を続けている。素敵な風景、上品な明かり、行き交う人が楽しんでいる。高速に乗ると帰り道も綺麗で最高なんですよ。まだ行った事のない方、最近行ってない方、神戸はええど〜。

 


Tom Jones & Stevie Wonder Medley - This is Tom Jones TV Show 1969

 

しんみりしてるわけでもなく、心底ズンドコ楽しい神戸だった。神戸と言っても兵庫県も広い。季節によって遊びも変わる。モザイク周辺、三宮や中華街、元町近辺のエリアはいつ行っても最高なんだけど、今なら有馬温泉の方とか、三田のアウトレットとかも行きたいね〜。横尾忠則現代美術館はいつも行きたいね〜。この日はたまたま展示品差し替え期間で観覧できなかったのでガッカリして断念。神戸に年に数回訪れる事ができてとても嬉しい。こうやってたまに来るから良いのかなぁとか思ったりもするけど、やっぱり住んでみたい街だ。お金持ちになって神戸の山の手に住みます。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

神戸本

神戸本

 
SAVVY(サヴィ)2019年11月号[雑誌]

SAVVY(サヴィ)2019年11月号[雑誌]