-kemurikikaku-

ママチャリで駆けずり回る小っちゃいオッサンの日記

「恋の罪」を見た

 

イケイケドンドンで映画を撮りまくってる園子温監督2011年の作品。

f:id:kemurikikakuku:20140905091157j:plain

とっても、強烈でした。
機会があればまた見たいけど、もう進んで見ることはないだろう。
 
雨の夜、ラブホテル街のそばにある廃屋で、女性の変死体が発見される。その事件を追う刑事の和子は、捜査を進めるうちに、大学助教授美津子、ベストセラー小説家の妻いずみに行きあたる。
 
この映画は1997年、渋谷で実際に起きた東電OL殺人事件を題材にして作られている。 
 
 
監督は得意だから撮るのか、好きだから撮るのか、期待されるから撮るのか、
分からないけど、この作品も「冷たい熱帯魚」に劣らずエログロサスペンスが濃厚。
実話が絡んでる以上当然ながら後味も悪い。
あるシーンで反射的に「きっしょ」と漏らしたくらい強烈なシーンの連続でした。 
でも決してエロとかグロが不快なんじゃないのが凄い!
人間の見たくない部分を描き切っている。 
 
 
十代で詩人として注目された監督がこの作品で紹介した、
という言い方は変だけど登場する詩がとても印象的。
 
言葉なんか覚えなければよかった
という田村隆一の詩の一片が心に突き刺さる。
映画の中でそれは「無神経であれ」という風にも聞こえ、見えた。
 
 
 
あとこれは映画とは関係ないし、勘違いかもしれないけど、
スタンリー・キューブリックの「アイズ ワイド シャット」が香る程度に存在してる気がした。
実話がベースながらどこか虚々実々の世界観とか、おしっことか・・w
(「アイズ ワイド シャット」は実話ベースではない
 
おこがましいですが、一見の価値有りです。
 
 
 
 
 
映画を見ながらまた、人生の窮地におけるポテンシャルの事を考えていた。
 
自分の考え(答え)が無い者は、
無様で、哀れで、惨めで、ムカムカして、見てて吐き気がするという客観的事実。
痛めつけられたって自分で答えを出そうと強く思った。
 
最近、自分がなのか、世の中の流れなのか、
手に取る情報が、生温さや、自虐、きれいごとを許してくれない。
それが良いのか悪いのか分からないけど、戦々恐々進んでいる自分を知っている。
 
 
MC漢なんかも出てる監督最新作「東京トライブ」を見るか迷ってたけど見に行こ!