-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

もう一回

 

 

夏休みも佳境。

いろんなことを考える時期として与えられた時間だという。

キリギリスもそれなりにものを思う。

なんか最近イライラしてるやろ?

それなりの考え事が原因なんだろうか。

 

 

f:id:kemurikikakuku:20180813202408j:plain

 

 

何年か前、大阪の学校は夏休みが8月20日とかその辺で終わるのを知った。

その理由が「クーラーを付けたから」だと知って驚いた。

冬休みも暖房があるので短いらしい。

真っ当なこって。

 

 

高校野球もドラマが生まれていたらしい。

いろんなところで日々感動を作ってる人がいる。

 

 

瞬間的に有名になれて、例えばその一年間だけ生きる糧を得ることができたとして、しかしその後が 続かなければいけない。

面白い言葉が聞きたいし、言いたい。

この人が面白いになりたい。

瞬間瞬間を生き生きと生きたいということだ。

 

 

良くも悪くも色が見える人やグループがある。

例えば冠番組を持ってる芸人さんに色を感じる。

その人ではなくて、画面全体の色合い。

カメラマンの撮り方によるものかもしれないけど。

 

パーっと明るい白や黄色だったり、すこし暗く感じるオレンジの色合いだったり。

抜けるように青い人、赤っぽくてよく見ると奥の方に黒がある人やグループ。

あれはなんなんだろう。

本当はもっと複雑な色合いで、さらに下町っぽいとか、色々見て感じるものがあるのだけど、説明できない何かが見えている。

自分の言葉を扱ってる人の番組には感じるものがある。

オーラとかそういうやつなのだろうか。

 

「恋は桃色」だそうだけど、俺は何色なんだろう。

その部屋を何色にできるんだろう?

これそろそろなんか出るぞ。

 

 


Terry Riley - A Rainbow in Curved Air

 

余裕。 

 

ア・レインボー・イン・カーヴド・エア

ア・レインボー・イン・カーヴド・エア