-kemurikikaku-

ママチャリでかけずる小っちゃいオッサンの日記

ライリーライ

 

また今日も吸って吐いて掃除したり筋トレしたりの健康的な生活。のんびり活き活き暮らす。空想を飛び回る忍者にアベンジャーズ。どうやらBTTFもセカンドに突入こちらもマッタリと未来の生活。

f:id:kemurikikakuku:20200619235559j:plain

夏といえば本屋。もちろん蕎麦も食って。

 

f:id:kemurikikakuku:20200618110012j:plain

day18「生まれ年の曲」。良質な質問に不意を突かれた。早速検索をかけると何曲かのよく聞いた名曲にたどり着く。中でもギュッと掴まれたのは陽水先生でした。

youtu.be

美しい。セレナーデとは夜曲と呼ばれ、恋愛の歌曲のことを指すそうだ。この曲が収録された「9.5カラット」は安全地帯に歌詞を提供した「恋の予感」「ワインレッドの心」、中森明菜さんに提供した「飾りじゃないのよ涙は」も入っている名盤。80年代なコーラス系エフェクトの響き、熟練工のようなサウンド。日本の大人バブリーな空気感を曲が発している。

youtu.be

私の思う懐かしいCMの良いところが凝縮されている。冷蔵庫から電話、瓶の蓋を回す音、滑り落ちるウイスキー瓶、井上陽水。完璧すぎワロタ。

 

ドラマの中で玉置浩二さんが弾き語り。トレンディな空気。

youtu.be

同年発表の坂本龍一さんのアルバム「音楽図鑑」から「tibetan dance」「paradise lost」の2曲も掲載されていた。アルバムからこの2曲だけ選出されてるのはシングルだったりタイアップ曲だったりしたんだろうか。自分もアルバムの中ではこの2曲が特に好きだ。まぁその辺は今どうでも良くて音楽に溶け込む。

海外のチャートも覗いてみると当時はワムの全盛期だったらしく、他にもマドンナやシンディーローパー、ペットショップボーイズやスミス、デペッシュモード、ブルース・スプリングスティーンの「born in USA」などがヒットしたよう。映画の主題歌や曲も多くランクインしていた。個人的にはシャーデー「smooth operatior」が生まれ年にランクインしていて嬉しい。ランキングがどのように選ばれたのかは分からないが、動画で発表された1位はQueen「radio GA GA」でなるほどとなったけど、1位に近づくにつれて知らない人ばかりが並ぶ。その多くが時代に寄り添った楽曲で、時と共に淘汰されていったのかもしれないし、知らないだけで今も一線のアーティストなのかもしれない。全然記憶にないのに84年だなあと思う音楽を楽しんだ。

 

健康的な食生活に焼き芋をプラス。あんま〜い。甘いもんはええな。焼き芋片手に明日もウキウキ。今日も最高の1日でした。明日はもっと最高の1日になるで!

 

いっそセレナーデ/Speedy night[EPレコード 7inch]

いっそセレナーデ/Speedy night[EPレコード 7inch]

  • アーティスト:井上陽水
  • 発売日: 2017/09/09
  • メディア: LP Record
 
9.5カラット (Remastered 2018)

9.5カラット (Remastered 2018)

  • 発売日: 2018/09/01
  • メディア: MP3 ダウンロード